いつか主流になる日まで…
浅田真央さん現役引退と自分的振り返り
2017年04月11日 (火) | 編集 |
 浅田真央さんが現役引退を発表しました。

 松井秀喜さんの時もそうでしたが、デビューの時から応援してきた選手が引退するというのは殊更寂しいものです。
 浅田さんの場合、単に選手として優秀な成績を残したというだけでなく、フィギュアスケートの魅力を体現し、私を含めこれまであまり関心がなかった多くの人をスケート観戦好きにしたという意味で、スーパースターだったと思います。
 また、リンク外における言動においても、謙虚で、決して他人を悪く言わない、言い訳をしない態度は敬意をもって見ていました。まあ、昨今、高得点を取るためにはジャッジやマスコミその他のお偉いさん方達に色々とアピールした方が得策なんでしょうけども、そういう方向でなく、あくまでリンク上で真摯にスケートに挑み続けたからこそ、多くの人が我が事のように心配し、応援をするようになったのだと思います。

 これまで数え切れないほどスケート観戦・鑑賞に足を運びましたが、現場で観た中で印象に残った演技を書き連ねてみます。
・ 2008-2009シーズン NHK杯(代々木)の仮面舞踏会(フリー)
 6分間練習でもトリプルアクセル降りまくりで凄いと思っていたら、本番でも2回成功で重ねてビックリ。これまで何度か書いていますが、現地で観た演技ではこれが一番衝撃的でした。
・ 2009-2010シーズン 全日本(なみはや)の鐘(フリー)
 浅田さんが選手としての総合力が一番高かったと思われるこのシーズンの全日本が大阪開催だったのは幸運でした。荘厳な音楽に負けないジャンプ、スピン、ステップの連続技に熱狂しました。
・ 2007-2008シーズン ジャパンオープン(さいたま)の幻想即興曲(フリー)
 世界選手権フリー冒頭での転倒から逆転優勝したシーズンの締めくくりの演技。初めてトリプルアクセル成功を肉眼で見て、すごく興奮したのを覚えています。このシーズンくらいからステップでの演技が非常に凝ったものになり、この演技でのキャッチフットツイズルを含むステップは全ての中でも好きな演技の1つです。

 まだまだありますが、あまり書いても長くなるのでこれ位にしておきます。フィギュアスケート観戦は決して安価な趣味ではありませんでしたが、リアルタイムで現場であの熱狂を味わえたことは、自分にとって大事な思い出となっています。そして、今の時代が良いのは、動画サイトでその時の動画を見直すことが可能なので、いつまでもその思い出が色あせないことですね。

 将棋の場合、後世に残って評価を受けるのは棋譜であり、棋士は棋譜の品質にこだわりますが、スケーターの場合、それは1つ1つの演技の記録(映像)ではないかと思います。動画サイトには、浅田さんがこれまでの現役生活の中で、大会とアイスショーをで披露した非常に数多くの演技が残っています。これだけ数多くの演技を残せたことこそが功績であり、また、それは今後何十年経ったとしても超一流の演技として評価されることは間違いないでしょう。

 ともあれ、長い間、いいものを観させていただきました。今後の去就についてはまだ明らかにされていないようですが、得点を競うストレスからは開放されて、プロスケーターとしてまた良い演技を魅せてもらえれば幸いです。さしあたり、The Iceはずっと続けてほしいです。

 久しぶりにスケートで長文を書いてしまいました。こんな暑苦しい文章を書くことも今後あまりないんだろうなーと思います。
電王戦第1局とそれいゆ
2017年04月01日 (土) | 編集 |
 電王戦第1局は先手番の電王ポナンザが佐藤天彦名人に圧勝。
 ニコファーレや、大盤解説会で棋士の先生方は場を盛り上げようと努めて明るくふるまっておられるように見えましたが、心中は忸怩たる思いなんだろうなと思います。
 専門分野の技術が自分たちの手の届かないところでどんどん進歩していく先にどんな未来があるのか、将棋連盟はそこを考えていかないといけないんでしょうね。

 話は変わりますが、年度末年度当初はお別れと新しいスタートの季節。退職する先輩にお礼の品を高島屋京都店に買いに行ったときに、中原淳一展をやっていたので写真に収めてみました。
 私は別段少女趣味があるわけではないのですが、付き合いで舞台「それいゆ」を観て以来、中原氏の自分の信念を貫き通した人生に感銘を受けたので、関心を持って作品を観ています。




 私自身も、これまで精力的に取り組んできた業務で一定の成果を出したうえで、人事異動により4月からは新しい業務に就くことになりました。また新しい分野でやりがいを見つけて取り組んでいこうと思います。
3月のライオン前編を観て
2017年03月20日 (月) | 編集 |
 昨日は、映画「3月のライオン」前編を観に行ってきました。
 原作を読まずに、特段、何も考えず観にいこうと思ったのですが、なかなかいい出来だったんじゃないでしょうか。
 主人公や他のキャラクターやストーリー展開が、漫画を原作にしたことによる良さと、実写になっていることのリアルさとのバランスが取れているなと思いました。佐々木 蔵之介さんの島田九段の演技が個人的には一番良かったです。
 後編もぜひ見に行こうと思いました。原作は…誰か貸してくれたら読んでみたいかなと思います。

 晩御飯は河原町三条のケララで。勢い余って少しナンをかじってからの写真ですいません。インド料理を久しぶりに堪能しました。2700円のコースでお腹がかなり膨れました。味ももちろん美味しかったです。写真の中ではスプーンが突っ込んである器の左のほうれん草とクリームのカレールーが、味がマイルドで好きになりました。

2017謹賀新年
2017年01月01日 (日) | 編集 |
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

例年通り、年賀状のために作成した画像を張り付けて正月気分を出しておきます。今年は世相を反映してポケモンっぽい絵を描いてみました。現時点でレベル28、111種類くらいですが、今年はどこまで行けるでしょうか…。


さて、毎年目標を立てては達成できずに撃沈していますが、今年は現実的なところで何か考えてみましょうか。
将棋では、
・地域での職域団体戦で優勝する。そのためにもう少しチーム内で練習をする。
・個人戦に出場(笑)する。県代表を取るという気概がなくなっているのが重症ですが、まだプレーヤーで行けると思うので頑張ります。
・「マル秘プロジェクト」を完遂する。毎年同じことを言っていて何のことを言っているんだ、という感じだと思いますが、事情があって出来上がるまでは公表できなくて申し訳ありません。去年に糸口を見つけた気がするので頑張ります。
将棋以外では、
・仕事を頑張る。社会人の生活の基本はまずは仕事。これをベースに将棋も充実するのだと思います。年末にも書きましたが、業界内で少し注目される部分の仕事を現在プロジェクトでやっているので、それをしっかり頑張りたいと思います。
・その他プライベートを頑張る。いくつかやり遂げたい内容があるのでそれを頑張ります。

 今年も、ブログの更新はマイペースでやってまいりますので、よろしくお願いします。
2016年の振り返り
2016年12月31日 (土) | 編集 |
 早いものでもう今年も最終日となってしまいました。
 昨日今日で、家の掃除もそこそこ終わり、なんとか年を越せそうな感じです。
 一年を簡単に振り返っておきたいと思います。

 今年も相変わらず仕事が忙しく、そして充実していた一年でした。
 数年前に職場での立場が変わり、精神的にも肉体的にも苦しんでいましたが、今年で自分のスタンスが見つけられたと思います。年度末にかけてを一区切りとして、大きなプロジェクトをやっているので良い結果を出せるように頑張っていきたいです。

 自分の将棋の方は、将棋ウォーズと将棋クエストの切れ負けで感覚を養うぐらいで、大会以外に練習将棋で駒を持つことがなかったかも。将棋の練習時間を捻出するのも社会人としての能力の一つだと思うのですが、そこは今年はなかなか難しかったです。

 将棋界の方は、ソフトの一段の棋力向上と、三浦九段の冤罪事件が印象的な一年でした。プロ棋士の先生方には、人間にしかできない魅力のある棋譜と勝負を見せていただけるよう、お願いしたいところです。

 今年は数えてみるとブログの更新も20数回ということで寂しい限り。24での棋譜やプロ棋士との指導対局の棋譜をガンガンUPしていた時とは大分ブログの勢いも違ってきておりますが、こんな状況でも見に来て下さる方もいらっしゃるわけで、ありがとうございました。
 それでは、よいお年をお迎えください。