いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年振り返り
2017年12月30日 (土) | 編集 |
 一年を振り返っておきます。

 今年は職場の部署が変わったこともあり、まずはそれに順応するのが第一の年になりました。 一通り仕事をこなすことはできたので、今後は仕事の幅を広げることにも注力したいところです。

 将棋の方は、確か去年1年はほとんど指せなかった記憶がありましたが、今年はウォーズとクエストで随分練習しました。
 今年は居飛車を指せるようになることを目標に、基本飛車を振らずに、角換わり、雁木、横歩取りの将棋をたくさん指しました。
 以前は角換わりにしても横歩取りにしても、膨大な序盤の分岐に対してどれも相当深く定跡を覚えておかないと簡単に作戦負けするという非常に息苦しいイメージでしたが、コンピュータ将棋による新たな戦術の出現で、序盤作戦が一旦リセットされ、今は相居飛車でもある程度展開を絞り込んで指すことも可能になっているような気がします。
 クエストの10切れで居飛車オンリーで五段まで行けたので、もう少し上を目指してみたいと思います。
 というわけで、今年は筋違い角の将棋をほとんど指すことはありませんでしたが、完全にやめてしまったわけではなく、相居飛車もある程度指せるようになったうえで、より懐の深い筋違い角を指せるようになれればと思っています。

 今年は年末年始が6連休しかなく、年内は掃除や雑用、年始はちょっとボーっとしてたら休みが終わり、という感じになりそうです。というわけで現実世界からあまり逃避せず、体を休めたり、少しだけ御馳走を食べたり、やりたかった作業などをやったりと、現実的に過ごしたいなぁと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。