いつか主流になる日まで…
読書感想文(3月のライオン)
2017年05月07日 (日) | 編集 |
 大型連休のうちの5月3日以降の5連休も間もなく終わろうとしています。
 いろいろ勉強もしようかと思っていましたが、気の向くままに本を読んだり将棋をしたり、ネットで時間をつぶしたりと、4月以降に職場が変わってから溜まっていた疲れをリフレッシュすることができました。

 そして、以前に3月のライオン前編の映画を観た感想を書いたときに「原作を貸してくれる人がいれば読みたい」的なことをつぶやいたところ、実際に貸してくれた(それも10冊以上も)奇特な方がいたので、この連休で読んでいます。
 将棋、努力、勝利、友情、挫折、家族、恋愛、グルメ、少女趣味・・・といった辺りがこの作品の構成要素なのだろうと思いますが、作者がこの作品を描くためにかけている情熱と労力が伝わってきて非常に感銘を受けました。以下、感想をつらつらと。
・ネームに費やしている時間が半端ないんだろうと思います。将棋の展開を図面を使って序中盤ずっと追っていけば、描くのは楽なのだと思いますが、それをせず、1話に色々詰め込んだうえで完結させるのは相当な力量だと思います。
・将棋の対局のストーリーは簡潔明瞭。所々で私のような将棋好きを満足させるような局面&手の解説を入れつつ、基本は1話で一局を終わらせることにより将棋を知らない読者を置いていかない配慮がされている。
・宗谷名人でも3割は負けることを明示し,絶対王者でありつつ非現実的な感じを出していないのが良い。
・将棋で強くなるための努力がかくも苦しいものなのか、ということを鮮明に描いている。将棋は強くなればなるほど苦しいゲーム。私も全盛期は全国大会出場レベルまで行きましたが、これで十分と思ってしまえば楽しいゲーム。まだまだ上に行きたいと思えばホントに苦しいゲーム。プロレベルまで行っても苦しみに終わりはなく、その辺りがよく描かれています。
・主人公が色々な人と触れ合って人間的に成長していく様が見どころの1つと思いますが、私が特に共感したのは、高橋君とのやりとりで「逃げたりサボったりしたことが自分の記憶にあると、いざという時に自分を信じられなくなる」というくだりです。「自分に勝つ」=「勝負所で自分の選択を信じることができる」=「勝負の前にやり残しがないと信じられるだけの努力をしておく」というのが、勝つ(成果をあげる)ために重要なことだと常々考えているのですが、この1シーンや、ひいては作者の創作姿勢にもそのようなものを感じました。
・読んでいると将棋を指したくなりました。この連休で将棋クエストで山のように将棋を指しましたが、指したことのない横歩取りを出鱈目に指して、それでもたまに大技がかかって勝つことがあって楽しいです。上に書いていることと矛盾しますが、分からないなりに苦労して考えて、少しづづ強くなれる将棋は楽しいゲームだと改めて思いました。

 私自身、結構保守的な性格でして、何かきっかけがないと、なかなか新しい漫画を読み始めるということをしないので、今回は映画化をきっかけにこの作品に出会えて良かったと思います。まだ映画の後編を観ていないので、また観にいきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック