いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲張りが通った一局
2015年07月19日 (日) | 編集 |
 週末は台風がきていまいしたが、居住圏内や通勤には大きな影響はなく、事なきを得ました。大雨、強風等の警報や交通機関の遅延、運転見合わせ等がスマホのプッシュ通知で分かるのはありがたいです。

 本日の一局もウォーズの10切れから。早々の△74歩~△75歩の仕掛けはたまにやられるのですが、これくらいの仕掛け(と、本当は軽視してはいけないかもしれないのですが)を全て気にしていてはこの戦法をやっていられないということで、「やられてもなんとかなるだろう」と鷹揚な気持ちでいるようにしています。本譜は19手目の▲56角が負ければ敗着という手でしたが、通してもらって逆にリードを奪う一着となりました。


 その後も、手堅く進めて勝つことができましたが一点だけ。本譜の89手目に▲72歩と叩いた手に対し、本譜は△82銀とかわしましたが、△62銀と逆にかわされたら(下の第1図)、どうするのかよく分かっていませんでした。後でボナンザ先生に聞いたところ、推奨手は驚きの一手でしたが分かるでしょうか?

 ボナンザの推奨は上図から▲23角成!!△同金▲31飛。△41飛なら▲32飛成が▲62金までの詰めろと23の金取りの両狙いになっています。流石に読みが鋭いです。勉強になりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。