いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ち良い桂馬一発
2014年09月28日 (日) | 編集 |
 最近は仕事で平日ぐったり、土日も雑用その他でぐったりと、ライフスタイルに余裕がありませんが、それでも少しの時間で筋違い角の将棋をボナンザと指して序盤の定跡を整理したりしています。この10年で自分が主流にしてきた指し方以外にも、自分から見るとずいぶん斬新に思える指し方が発見されたりして、そんなことが癒しになっている今日この頃であります。

 さて、本日の将棋は△53歩△54銀型の持久戦から。穴熊の金を寄せる手順を変えて序盤で少しだけ工夫したところ、ちょうどそれで生じた中央の薄みを突いて動いて来られました。ただ、穴熊の端にプレッシャーをかけ続けられるよりは気楽な展開となり、大駒が捌けて穴熊の固さが最大限生きる形となって、快勝の一局でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。