いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玉頭戦を制する
2014年09月06日 (土) | 編集 |
 昨日の晩は録画しておいた「その男、名人につき」を観ました。森内先生の将棋に向き合う真摯な姿勢や誠実な人柄が出た良い番組だったと思います。4連敗で敗退した名人戦がテーマであるにもかかわらず、どのように考えて各対局に臨み、勝敗を分けたポイントがどうであったのか、よく伝わってくる内容でした。

 本日の将棋は△53歩△54銀型の急戦模様から。後手が入城する前に6~9筋の歩をどんどん伸ばして大模様を張ってきたので、普段使わない美濃囲いにして攻めを目指してみました。こちらが相手の玉頭に打った垂れ歩を巡る攻防から玉頭戦となりましたが、途中から一方的に食いつく形となり、勝つことができました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。