いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪フィギュアスケート女子シングル終了。
2014年02月21日 (金) | 編集 |
 昨日の今頃は終わってもブログの更新なんかする気もならないだろうなと思っていましたが…。

 浅田真央さんがやってくれました。6種8トリプル。3Aとセカンド3Loという誰も入れられなかった構成。
 素晴らしいの一言。後世に残る名プログラムで、この構成を組める選手は、そしてオリンピックで決められる選手はもう二度と現れないことでしょう。
 確か前回のオリンピックかオリンピック後の世界選手権の時にも書いたような気がしますが、今日の浅田さんの演技はISUの採点の物差しなどでは測れない名演技でした。

 で、その上で少しこの4年を振り返ると、やはり3-3が標準装備できず、ショートで3Aに挑まざるを得ないリスキーさが最後まで払拭できなかったのが痛かったと思います。ただ、ルッツとサルコウが標準装備され、どちらもクリーンに決めた試合は少なかったものの、最後にはピッタリ決めてくれたのは良かったです。
 それと今シーズンで言うと途中で3A2回の構成に変更するという迷走があったのはちょっと残念でした。勝負にこだわった戦術を与えるブレーンがついてくれていたら少し違う展開もあったかもしれません。

 世界選手権では今大会でやり残したショートも頑張ってもらって、本当に集大成となる演技をみせてもらいたいものです。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。