いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第5回名人塾初日振り返り
2011年02月19日 (土) | 編集 |
 また長浜まで行ってきました。昼前に長浜駅に着くと大河ドラマ効果なのか観光客でかなり賑わっていました。それは良いのですが、機会があるといつも行っている丼屋が観光客で長蛇の列となっていたのはいきなり萎える展開でした。

 それはともかく今回で名人塾も最終。山崎七段、増田六段、中村女流初段が来られていました。 
 まずは「山崎流の指し方その2」の講義。横歩取り新山崎流で質問する局面を用意していたのですが、今回の趣旨はそうではなく「悪い局面から形勢逆転するための山崎七段流の考え方」の講義でした。
 その後は名局解説。▲大山△升田戦の升田先生の快勝譜でした。

 そして最後に指導対局。今日は増田先生、山崎先生に教わってきまして、今日の棋譜は山崎七段との角落ち戦です。これまで角落ちでは下手中飛車ばかり採用していて結構コツもつかめたつもりではいたのですが、下手矢倉も玉頭戦の醍醐味が味わえて面白そうなので今日は矢倉にしました。
 途中、自玉頭から手を作る2度の▲75歩が登場しますが、1度目の▲75歩(46手目)は局面を打開する素晴らしい手、2度目の▲75歩(74手目)は命取りになりかねない自爆の手でした。


 角落ち下手矢倉も序盤の上手との駆け引きがかなり面白い戦法だと分かりました。今後経験を深めていこうと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。