いつか主流になる日まで…
高山市旅行振り返り
2016年08月07日 (日) | 編集 |
この土日は岐阜県の飛騨高山市を小旅行してきましたので、写真で簡単に振り返っておきます。
高山市内の「さんまち通り」付近の古い町並みの散策と、牛まん、牛握り、牛まぶしご飯といった飛騨牛グルメを楽しんできました。


史跡の「高山陣屋」から。こちらは羽生―行方の名人戦で使用された部屋(居間)です。

名人戦での使用をウリの一つにされていました。

国指定重要文化財の「吉島家住宅」。伝建地区の街並みはどこも素晴らしかったですが、とりわけ重厚さを感じる外観でした。

玄関から撮った吹き抜け部分の小屋組が美しかったです。他の客がいない時間帯だったのできれいな写真が撮れました。

高山市中心部から車で30分ほど東に行ったところの「飛騨大鍾乳洞」。鍾乳洞を観るのは初めてでしたが、気が遠くなるほどの時間をかけて出来上がった自然の造形美は、人工物には出せない魅力がありました。また、洞内は気温10度と涼しく、真夏日に訪れるにはいいスポットでした。