いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州大地震 ジェーンズ邸倒壊
2016年04月16日 (土) | 編集 |
 その時間、私は仕事中(京都)でしたが、「熊本で震度7の地震が起きた」と聞いて、慌てて報道を確認しました。

 震度7というのは揺れの大きさとしては最大階級でして、なかなか起きるものではありません。また、その後の余震でも震度6強が連発し、家屋の倒壊や陸橋の崩落、土砂崩れによる道路の寸断など、今回の地震も大災害の様相を呈しています。

 まずは、被害に遭われている方にお見舞い申し上げるとともに、自分でも何ができるか考えてみたいと思います。

 そして、熊本といえば、去年の今頃の鹿児島出張の帰りに色々と観て周りましたが、そこで観たジェーンズ邸(日本赤十字社発祥の地で、県指定文化財)が倒壊してしまったとのニュースが。耐震強度不足ということで、見学したときに、階段も2階の床も歩いていて不安な感じではありましたが、やはり倒壊ですか・・・。熊本城にしても阿蘇神社にしても、このジェーンズ邸にしても、文化財は地震で倒壊しても部材が残っていれば再構築可能だと聞きますので、生活ライフラインや日常生活の復旧後に、こうした文化財の復興がなされることを願っています。

ジェーンズ邸復興の願いを込めて、当時撮りためた写真をちょっと多いですがUPしておきます。



































































スポンサーサイト
平野早矢香さん引退の感想
2016年04月13日 (水) | 編集 |
 数日前のニュースになりますが、卓球の平野早矢香さんが引退とのこと。
 自分は、卓球ではこの選手のファンで、振り返ると、3度も日記に出ていました。

 平野さんを知らない方、ニコ動が観れる方はまずはこれを見ましょう。コート内外でのギャップが大きく、インタビューやテレビ出演では可愛らしい方ですが。

 全日本選手権を5度も制し、現在の卓球のメダル常連国・日本を築いた大選手でした。

 卓球に対する熱意、勝負に対する執着、集中力や精神力など、見習いたいことが多い方でした。
 テレビで観た試合で印象に残っているのは、2009年全日本選手権決勝の王輝戦と2010年世界卓球の鄭怡静戦です。どちらもフルセットの大接戦をものにしていますが、心技体が充実していたからこそ最後に勝利がもぎ取れたのだと思います。

 ここ数年は若年選手の台頭で活躍を耳にしていませんでしたが、あの闘志あふれるプレースタイルがもう見られないのは寂しいところです。
 ともあれ、お疲れ様でした。次は別のフィールドでの活躍を期待したいです。
信楽巡り振り返り。
2016年04月10日 (日) | 編集 |
 今日は、桜を見がてら外出しようということで、まだ行ったことのない信楽に行ってきました。

 信楽方面でまず有名な観光地として、MIHOミュージアムに行ってきました。こちらは某宗教団体によって収集された世界中の美術品を滋賀の山奥に建てた美術館で観られるようにした、というものです。
 美術館の建築物もパリのルーブル美術館のガラスのピラミッドと同じ設計者の設計で、なかなか見どころが多かったです。

 チケット売り場棟から美術館棟までのトンネルから臨む桜並木。しだれ桜が満開で大変きれいでした。


 美術館のエントランスホール。


 今回の企画展示は「かざり -信仰と祭りのエネルギー-」ということで、鳥獣画で有名な伊藤若冲の絵画も10点ほどありました。写真は「鳥獣花木図屏風」で、これも展示されていましたが、発するエネルギーにあてられそうな独特の妖しさがありました。


南館の喫茶でいただいた、3色のジュースと3色団子。

ここからは信楽の町から。

ろくろをモチーフとした路面表示。


信楽といえばおなじみのたぬき。


たぬきの型。出来上がりのたぬきよりもこちらの方に興味があったりします。


今日は信楽町内で「ぶらり窯元めぐり」という取り組みをされてまして、工場の見学などもさせてもらえました。

 感想としては、「遊ぶ(体験する)」「食べる」「買い物する」という3拍子について、全体的にもう少し力を入れていけば、信楽にはもっと人を呼べる知名度とポテンシャルがあるのではないか、と感じました。

居玉の乱戦
2016年04月03日 (日) | 編集 |
 ここ数日は、フィギュアスケートの世界選手権をやっていますが、もう何年間も競技をテレビで観ていません。数人の選手を陰ながら応援するようにしています。近年は点数のインフレが酷くて、やたらと「世界最高得点」だの、過去の~選手の点数を上回っただのと、レジェンド達へのリスペクトのかけらもありません。ボクシングの亀田しかり、大相撲の白鵬しかりですが、その道の先人たちが礼節をもって築き上げてきた世界を食いつぶして潤っているのが今のスケート界なのだと思います。

 本日の将棋もウォーズの10切れから。△45歩型の相振り模様の出だしで、先手が8筋に飛車角を利かして牽制し、後手が居飛車に切り替えて金銀で押さえ込んでくるという展開になりました。手がうまくできなくて先手が苦しかったと思いますが、飛車を83にずらして無理気味に攻めたところ、なんとか攻めが続いて勝つことができました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。