いつか主流になる日まで…
九州出張振り返り
2015年05月30日 (土) | 編集 |
 先週、仕事の関係で鹿児島、熊本を回ることがありましたので、少し写真で振り返っておきます。

 まずは、鹿児島から。これは知覧の重要伝統建造物群保存地区に指定している武家屋敷群の看板です。

 武家屋敷及び庭園が見ものなところですが、個人的に気に入ったのは生垣と石垣からなる小路。敵の侵入に備えて遠く先まで見通せないように少しづつ道が三叉路になったり、屈曲したりしている造りになっているとのことです。

 鹿児島グルメはきびなごなどの海の幸もいただきましたが、やっぱりラーメンですね。

 名勝に指定されている仙巌園からの桜島。この日は朝からやや大きな噴火があり、噴煙がかなり上がっていました。

 かごしま水族館のイルカ。18時閉館のところ、17時過ぎに入館したため、出し物は全て終わっていて楽しめないかと思いましたが、イルカのプールで訓練しているところを客ガラガラで近くで張り付いて見られたので大変お得でした。

 ここからは熊本。熊本城の宇土櫓(うとやぐら)を敷地外の西側から見たところで奥にツインの天守閣が見えています。お堀の深さ、石垣の高さに圧倒されました。

 城内本丸御殿大広間で最も格式が高いという昭君の間。熊本城内はたっぷり2時間以上観て回って入城料500円というのは大変お得ですね。これからも九州でトップクラスの観光地であり続けると思いました。

 熊本城脇のお土産屋で買った大納言ソフト。小豆とお餅が入った和風のソフトで美味しかったです。

 こちらは水前寺清子さんの芸名の由来になっている水前寺公園。緑豊かな回廊式庭園でホッと落ち着ける場所でした。なるべくいいアングルの写真を選んでみましたが、右奥に映り込んでいるビルがちょっと残念です。

 最後に水前寺公園から少し北西に行ったところにあるジェーンズ邸。元々熊本城内にあった建物が数度の移築を経て現在地に。この建物で日本赤十字社の前身である博愛社が誕生したということで、日本赤十字発祥の地であるとのことです。

 ジェーンズ邸外観。

 2階廊下。ジェーンズ邸は耐震性能不足ということで、今後、耐震改修工事のためいったん閉館され、場合によっては現在地からまた移築されるそうなので、見ておきたいという方は早めに訪れられることをお勧めします。

 滞在期間中はいい天候で快適に過ごせました。また、九州新幹線が新大阪から乗り換えなしで鹿児島まで行けるので大変便利になっていますね。今回行かなかった県も含めてまた行ってみたいと思いました。
富山県旅行 写真振り返り
2015年05月16日 (土) | 編集 |
 もう一週間前になりますが、GWは富山県内を旅行してきました。少し写真で振り返っておきます。


富山駅近くの老舗の薬屋さんにて。薬のパッケージがレトロです。


富山駅近くで最近にできた、隈研吾設計の「ガラスの美術館」。富山駅周辺スポットではちょっと楽しみにしていたのですが、なんと工事中で立ち入りできず・・・。


こちらは高岡駅から城端線で南に行った砺波市のチューリップフェアでの写真。今回の写真では一番気に入っています。


さらに城端線終点の城端駅から世界遺産バスで30分ほどのところにある相倉合掌造集落。まんが日本昔話に出てくるような日本の原風景ともいえる場所でした。


こちらは高岡駅のドラえもんポスト。高岡は藤子・F・不二雄さんの生誕の地です。このポストに投函するとドラえもんのイラストの消印が押してもらえるので、利用させてもらいました。


高岡駅付近の広場にあるドラえもんキャラクターのモニュメント


高岡駅から出ているドラえもんのトラム。路面電車自体でもカッコいいのに、さらにドラえもんデザインとはたまりません。


高岡駅近くの大仏様。この大仏もそういえば「まんが道」の1コマで出ていたような気がします。


城端線の忍者ハットリ君のラッピング電車。氷見市は藤子不二雄Aさんの生誕の地です。


氷見市の商店街では至る所にハットリ君キャラクター有り。盗まれなければいいのですが。


シャッターにもハットリ君デザイン。A先生の記念館にも行ってきました。

 3日間で、富山市、高岡市、砺波市、南砺市、氷見市と回ってきました。歴史ある集落、花畑、食事など色々と楽しく過ごせましたが、藤子不二雄先生の漫画が好きな方なら、更に魅力は3割増しぐらいになるのでお勧めしたいと思います。
 今度行くことがあったら、立山のアルペンルートに挑戦してみたいものです。