いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年振り返り
2013年12月30日 (月) | 編集 |
 今日は自分の部屋と風呂場の掃除が終わって、やれやれ一段落、という状況です。
 転居してこれまでよりは整理整頓がしやすくなったので、これからもきれいにしていきたいところです。

 さて、今年のブログも書き納めということで、例年なら年初に立てた目標の振り返りを行うところですが、今年は目標を立てなかったので、思ったことを適当に書き連ねておこうと思います。

 将棋では、個人戦は捨てて京滋と西日本での職域での団体戦に絞って結果を出そうとしたのですが、どちらも優勝は成らず。どちらのカテゴリーでも元奨励会や元大学将棋強豪を擁するチームが出てきましたので、来年以降ますます精進が求められそうです。
 今年は長期間将棋を指さない期間があったりしてかなり危機感を感じていましたが、年末にかけて少しずつ熱が戻ってきました。幸いなことに面白そうなテレビ番組もありませんので、年末年始も24をやろうと思います。

 仕事では、業務に関係のある資格試験に合格して一応及第点。年末に受けた京都検定はあと一歩で届かなかったのが残念でした。

 私生活では、転居して春夏秋冬を一通り過ごしました。まだ自分の部屋が完全にリラックスできるようにチューンナップされていない感じがあります。ガタガタの椅子に座っているので、体に優しい座りやすい椅子が欲しかったのですが、家具屋めぐりをする余裕がありませんでした。
 後は長年の懸案であった料理を始めてみました。将棋で例えれば現在は10級の状態でして、今年は味噌汁、カレー、ハンバーグを作ってみました。料理上手になりたいとは思いませんが、自分の食べたい基本的な料理ぐらいは作れるようになりたいものです。明日は年越しそばを作ってみようと思います。

 今年の本ブログは半ば休眠状態でしたが、それでも見に来てくださった方々、どうもありがとうございました。
 良いお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト
全日本フィギュア 男子フリー終了。
2013年12月22日 (日) | 編集 |
 終わりました。
1羽生
2町田
3小塚
4織田
5高橋

 演技終了後の本田さんの解説を聞いていると、高橋さんは調子がよほど悪かったようですね。そんな中でも4回転2本挑んできたことに男気と潔さを感じました。

 オリンピック代表選考ですが、羽生さん、町田さんは当確で、後の1枠は3人のうち誰か?てなことが後24時間ほどの間に、いろんな所で語られると思います。
 4年前のバンクーバーの代表を決める全日本選手権をなみはやドームで観戦した経験からいうと、台乗りしたのに選ばれなかった中野さんは大変気の毒でした。代表は表彰台の3人、それが一番良いと思います。高橋さんは今日の演技が現役最後となるのは実に忍びないので、どこか花道の舞台(世界選手権とか)を用意してもらいたいですね。
馬作りからもたれて指す
2013年12月22日 (日) | 編集 |
 今日のNHK杯は羽生(はぶ)さんがいいところなく敗戦。最後の方で考慮時間を使い切ってしまう辺りのところでは仕草からも苦しそうなのが伝わってきました。戦型はダイレクト向飛車から振り戻しての角換わりの将棋でしたが、▲67金右と上がった矢倉囲いが、角を持ち合った形としては隙が多く、先手が主導権を握りにくい形のように思えました。

 今日は久々に筋違い角の将棋をUPしてみます。持久戦は穴熊にすることが多かったのですが、本譜はそれではジリ貧になるとみて早々に動いてみました。陣形の薄みをうまくカバーして指すことができたと思います。


 さて、スケートの全日本選手権は昨日の男子ショートを終えて、高橋さんがまさかの不出来で4位スタート。今日の結果次第では今日のフリーが競技としては見納めの演技になってしまうかもしれませんが、なんとか全力を出し尽くしてほしいです。それでオリンピックでもう一度勝負してもらいたいです。

 ショートを終えて一位はぶっちぎりで羽生(はにゅう)さん。順位も点数差にも異論は特にありませんが、演技する前からフジテレビのアナウンサーが100点越えを匂わせていたのが胡散臭くて興ざめなところはあります。

京都検定2級受験。
2013年12月08日 (日) | 編集 |
 今日は深草の龍谷大学まで京都検定2級を受けに行ってきました。

 今回が初の受検だったのですが、公式テキストを一巡読んだ後、寺社の部分のあまりの知識量の多さに気後れしてしまい、過去問をやり始めるのが試験1週間前というダメダメな準備となってしまいました。
 歴史、祭り、料理、ならわしなど単品の分野は覚えやすいのですが、寺社については塔頭、仏像、庭園、茶室などを関連付けての理解が必要で、これは実際に足で稼いで回らないと試験への対応はもちろんのこと、生きた知識も得られないことを痛感しました。
 今回の結果はちと厳しいと思われますので、1年間色々と吸収してまた来年頑張ろうと思います。

 ところで、試験終了後は、伏見稲荷大社に初めて行ってきました。有名な千本鳥居も気軽な感じで立ち入ったのですが、全ての鳥居を見ようと思うとちょっとした登山ぐらいに階段を登らなければならないことに途中で気づきました。中途半端で引き返すのも気合が悪いので、汗だくになりながら何とか登り切ってきました。
 10年後、20年後、30年後も稲荷山を登り切れるような足腰でいたいものです。
 下山後は、本日の試験でも出題されたいなりやの狐煎餅と、空豆入りの煎餅を購入して帰宅。特に空豆入りの煎餅が美味しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。