いつか主流になる日まで…
意欲
2013年11月25日 (月) | 編集 |
 今季竜王戦のような熱戦を観戦すると、ちょっとずつですが24で将棋を指す意欲が戻ってきました。
こういうリハビリ期間中の将棋の指し方というのは自分で分かっていて、オーソドックスな対抗形をメインとして固い玉で丁寧に丁寧に指すようにしています。
 筋違い角の軽やかな捌き(と思っているのは自分だけか)の棋譜をUPできるのはもうしばらく後のことになると思われます。

 話は変わりますが、ゴン太くんの中の方が亡くなったとのこと。
 子供時代はノッポさんのキャラクターとも併せて楽しませていただきました。
 ご冥福をお祈りいたします。
久しぶりに
2013年11月21日 (木) | 編集 |
 4か月ぶりに書いてみます。

 今期竜王戦は開始3局に後手番急戦矢倉が続いたのも驚きでしたが、第4局は定跡書で先手が指し辛いと結論されている形(▲25桂)を渡辺竜王が選択したのにはびっくりしました。

 プロが、先入観を持たずにアンテナを広く張って研究しているのがよくわかるシリーズだと思います。また、場合によってはコンピューターを研究に活用することにより、そうした傾向がより強くなっているのかもしれませんね。