いつか主流になる日まで…
2011 THE ICE 超簡単振り返り
2011年07月31日 (日) | 編集 |
 5年目のこのアイスショー。今年も行ってまいりました。
 名古屋公演が資格試験と重なっていて諦めていたのですが、今年は大阪公演も行われ、そちらに行ってきました。

 感じたことなどつらつらと。
・震災復興のチャリティーイベントということもあってオープニング、フィナーレの演出は去年と比べると薄味感あり。
・MVPは羽生さん。4Tと3Aのシークエンスなんて初めて見ました。4Sも最後に跳んでましたし今年は凄いことになりそう。
・シズニーは初見でしたが、滑らかなスケーティングでした。スピン、スパイラルは流石。
・長洲未来さんの「なんだ、夢だったのか」は本人肉声とのことですが、聞き取りにくかったですw 3年ぶりの来日で久しぶりに生演技が見られて良かったです。ジャンプ、スピン、イナバウアーなどどれをとっても一級品。
・ダンス選手権は聞いた瞬間微妙かと思ったのですが、なかなかの盛り上がりでした。
・アモディオ、リッポンはもはや常連の顔ぶれという感じ。来年はロシア勢あたりの新風を吹き込んで欲しいかな。
・浅田真央さんはジャンプもきっちり決めて調整まずまずか。
・チンパン、ジャントン組はパフォーマンスのレベル、安定度がすごかった。
・カー姉弟も常連になった感じ。「蛍の光」をもう一度見てみたい気がする。
・高橋・トラン組は高橋さんのはっちゃけ振りにワロタ。ベアとしての実績も着実に残してきているので今年は期待したい。
・ザ・アイス名場面ベスト5は当然かもしれませんが、ことごとく浅田さん絡み。ベスト1のアラジンは2年前も現地で見ましたが、相変わらずリアル・ディズニーワールドで素晴らしかったです。ちなみに自分でベスト5を考えてみると、
 1位 2010 プルシェンコ Je Suis Malade
 2位 2007 長洲未来 Don't stop me now
 3位 2009 浅田真央 Caprices
 いろいろありすぎてあと2つは選びきれませんでした。ランビエールのロミオとジュリエット、浅田さんの別れの曲あたりも相当良かったです。

 自分で大阪に観に行って言うのもナンですが、The iceはモリコロでこじんまりやるのがいいのではないかな、という気もします。来年は名古屋公演に行ければ、と思います。
サッカー女子ワールドカップ
2011年07月18日 (月) | 編集 |
 資格試験が迫っていて全く将棋に触れられていませんが、今日はサッカー女子ワールドカップの決勝を見てました。澤さんの同点ゴールは技術的に凄かったですね。どう蹴ってどう守備の間を抜けていったのか、逆側からの映像も見てみたいものです。
 仮眠してまた勉強に戻ります。