いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想定内外
2011年01月30日 (日) | 編集 |
 全米選手権、長洲未来さんはフリーで崩れて総合3位。東京での世界選手権代表を逃す…。
 演技はJSPORTSで生で観てましたが、最初のジャンプから終始動きが固いのがよく分かる感じでした。ま、最悪のケースとして想定できる結果ではあったので、思ったほど落胆はありませんでした。
 またしても来日が遠のいて残念ですが、もう長年のファンとしてぶれずにこれからも応援して行きます。今シーズンは四大陸の出場と、運が良ければ国別選出もあるかもしれません。


 話変わって、本日は女流名人位戦第2局が行われ、里見女流名人が2連勝となりました。
 また清水さんが時間使いすぎて途中から崩れる展開になってしまったなーとか、印象に残ったことはありましたが、一つだけ特に書いておきたいことがあります。
 ▲76歩△34歩▲68玉で△54歩を牽制しておいて、実際△54歩やられたら日和って▲26歩とやるなんて、トッププロのタイトル戦の将棋としてはあまりにせこいと思いました。ここ数年、清水さんの将棋には終盤の投げっぷりの悪さを含めてちょっといかがかと思うところも多かったですが、今日のは想定外でした。次の▲清水△里見戦で▲76歩△34歩▲68玉となったら、△84歩で引導を渡して欲しいとすら思いました。
 今日はちょっと主観的なこと書いてしまいましたが、皆さんはどう感じられたでしょうか?

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
スポンサーサイト
今年度はこれからが本番
2011年01月28日 (金) | 編集 |
 諸事情によりスケートネタを書くのを自粛してましたが、開き直って書くことにします。
 日本時間の今朝から全米選手権女子が始まりました。

 注目の長洲未来さんはSPを終わって首位(結果はこちら)ということでとりあえず安心。層の厚い全米女子の中でも力的には頭一つ出ていると思いますが、最終組のなかで点差が6点ほどしかないので予断は許しません。日曜日は生放送で念を送ります。
 ここ2年、怪我もあって日本での演技が見られていないので、東京ワールド生観戦でぜひとも勇姿を見せてもらいたいものです。
 
ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
飛車角乱舞の空中戦
2011年01月21日 (金) | 編集 |
 王将戦第2局は意表の相振り戦。1日目最終手の△24飛は解説にもあるとおり、飛車を84に転回する手を含みにしているはずなので、それに対応する意味でも▲66角が普通でしょうか。ただ、▲95歩が入らないまま右側で戦いが起きてしまうと後手玉への響きが薄い意味もあります。現状は後手の角が直接端攻めには貢献しない形なので、それを働かせているうちに先手にも攻め合いのチャンスが回ってきて、最後は先手の固さが活きる、という展開を予想します。

 今日の将棋は△62飛~△42飛型の相振り。早々に後手が左金を繰り出して角を圧迫しに来たのに対して先手も妥協せずに迎え撃ったため、相居飛車の空中戦法のように飛車が中段で飛び回る派手な展開となりました。
 途中、後手に馬を作られて攻めが細くなってしまいましたが、なんとか隙を突いて食いつくことができました。

 
ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
第4回名人塾2日日振り返り 執念の頑張り
2011年01月17日 (月) | 編集 |
 日曜日は名人塾の2日目でまた長浜に行ってました。電車で彦根を過ぎたあたりから雪景色に変わり始め、長浜に着くとすねが雪に埋まるほど積もっていました。ちなみに日中はブリザードのような吹雪となり、帰りには膝ぐらいまで積もっていました。

 まず、浦野七段、増田六段による王将戦第1局(▲豊島△久保戦)の解説。新手▲58飛について両先生のニュアンスがあまり肯定的でないように見受けられたので、解説後の質問時に「▲58飛の評価はどうなんでしょうか?」と聞いたところ、「次に誰が指すかに拠ります。羽生さんが指せば優秀ということです(笑)。」とのこと。個人的には優秀な気がしているんですけどどうなんでしょうか。

 次に指導対局。くじ引きの結果、浦野七段に再度教わることになりました。前日に角落ちで教わっていて(角落ち下手の矢倉でも指せれば良いのですが指せないので)また同じ様な戦型で戦うのもどうかと思い、平手を所望。筋違い角でぶつかってみました。
 戦型はいわゆる「勝率1割」の△45歩型玉頭圧迫型となり、先手穴熊を後手が端からゴリゴリ攻めてくる展開となりました。77手目に端攻めが一段落着いたところでは、後手の持駒が豊富かつ後手玉が見えづらいのではっきり悪くしたと思います。その後は辛抱の手順が続きますが、87手目の▲44香から99手目の▲55香までが自画自賛ながら良い頑張りだったと思います。
 先生も最終盤は無理して勝ちに来なかった感もあり結果はおまけですが、こういう食いつきを今後も実現していきたいな、と思える良い将棋でした。


 昼からの将棋大会では前負けた子供に20切れでまた飛ばされ、3位決定戦では後輩を筋違い角でいたぶってw賞品のカニを獲得。全体的に充実した一日でした。
 
ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
第4回名人塾初日振り返り~着地失敗
2011年01月15日 (土) | 編集 |
 掲題の長浜のイベントに行ってきました。大河ドラマが始まったこともあり、長浜駅前はのぼりが一杯でますます気合入った感じになってきてました。
 今回の講師は浦野七段、増田六段、山口女流初段の3名。山口先生は長浜は初めてではないでしょうか。

 はじめに浦野七段より「詰将棋の作り方」の講義。「マニアックなタイトルですね」と先生もおっしゃってましたが、こういう講義って珍しいのではないでしょうか。以下はその概要です。
・逆算法により手数を伸ばしていく実演。金の捨て駒の問題→金を打ってからそれを捨てる問題→銀を捨てて金に打ち換えてからそれを捨てる問題といった具合に進展していきました。見てると簡単そうなんですが、自分で作ろうとするとうまく行かないんですよね…。
・昔は手数をなるべく長くしようとしていたが、今はなるべく手数を短くできないかと考えている。何を実現したいか、ということが大事。
・曲詰(初型、詰上がりが文字)、金銀8枚、桂4枚の問題などの紹介。
・面白いエピソードとしては、「結婚式で新郎新婦に贈る祝賀詰には必ず『あいごま』をいれる」というもの。初めて聞きましたがしゃれてますね。

 その後、「参加者の作った問題をみんなで考えよう」みたいなコーナーがあり、世話役の方に促されて自分の例の問題を見てもらうことに。浦野先生はさすがに瞬間で作意を見抜いている感じでした。収束で捨駒を入れる等もう少し工夫があれば良いとアドバイスを頂きました。結構難しいはずですが、10分ほどで小学生に解かれたのには驚きました。

 その後は指導対局。増田六段、浦野七段に教わりましたが、今日は浦野七段との角落ち戦より。駒損ながら角を成り込んで順調に寄せて行って上手の攻めも見切って一手余してそして…というところで悲劇がおきました。それまで積み上げたものが一手でパーになるとは残酷です。


 明日も長浜に行くので、指導対局や大会を頑張ろうと思います。
 
ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
辛抱が実る
2011年01月09日 (日) | 編集 |
 王将戦第1局は後手ゴキゲン中飛車となりましたが、先手の▲58飛が面白い手。後手も55の位を守るために右銀を繰り出すしかないようではあまり面白くなさそうに見えますがどうなんでしょうか。封じ手局面は▲35銀だと△45銀と出られるのが嫌なので▲35飛でしょうか。スカスカな後手と角が窮屈な先手。どちらを持っても指しこなすのは大変そうです。

 ところで、何気なくカウンターを見ると6000程減っていました。FC2の不手際のようで、それはまあ仕方ないことなのですが、なにもキリ番またぎで減らなくてもよいのに…。年内に20万アクセス行って喜んでいた自分が少し悲しくなりました。予備のカウンター導入を検討します。

 今日の将棋は△62飛~△42飛型の相振り。序盤でかなり模様が良くなって浮かれすぎてしまい、無茶苦茶な攻めをやってとがめられて敗勢に。その後はひたすら低姿勢に粘っていたら相手にも緩手が出て最後になんとか勝ちを拾いました。もう少し慎重にならなければいけませんでした。

 
ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
新年初棋譜
2011年01月06日 (木) | 編集 |
 棋王戦挑戦者は渡辺竜王に。穴熊遠いですね、本当に。本譜の先手側のような展開って全盛期の大山先生が指したら凄く上手く指しそう、とふと思いました。これで久保-渡辺の初タイトル戦となったわけですが、石田流対策、ゴキゲン対策のとっておきが見られそうで楽しみです。

 新年初棋譜はちょっと甘いですが快勝譜にしました。△53歩△54銀型で銀冠にされたのでゆっくりした展開に進むかと思いきや、△33玉型で仕掛けられる意表の形に。さすがに隙が多かったようで、上手く捌けて自然に寄せきって勝ち。今年も面白い棋譜が紹介できるよう頑張りたいと思います。

 
ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
年明け雑感
2011年01月03日 (月) | 編集 |
 今回の年末年始は過剰な期待をせずに臨んだため、可も不可もなく、体も休めてそこそこ満足なものとなりました。年明けに思ったことをつらつらと。

・日めくり詰将棋カレンダーをスタート。と思ったら1月1日分がやたら詰ましにくく、初日にして投げ出しかけるもなんとかまだ続いています。★数で難易度表記してくれてると心の準備?ができてよいのかも。今年から宣伝スペースがあって賑やかになっていますが、個人ブログを宣伝している一般人なんて自分だけちゃうかと思うとややブルーな感もあります。自分の問題の日が来たらここでも所見を書こうと思いますが、ツイッターの専用ページなどではお手柔らかな感想が書かれることを期待します。

・1月1日の将棋番組は久しぶりに忘れずにリアルタイムで見ましたが、盛り上がりがイマイチだったかと思いました。いろいろ趣向はあって良いと思いますが、終盤の競り合いを楽しめるようにして欲しいということと、司会進行はNHKのアナウンサーにビシッと締めてもらいたいということの2点が個人的希望として残りました。

・指し将棋は最高R-180ぐらいの低空飛行からのスタート。ボチボチと頑張っていきます。

・プロ将棋は大きいところでは6日の棋王戦挑決第2局からスタートですか。棋王位の行方は7大タイトルのうちでも個人的に関心が高いので注目していきたいです。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
2011謹賀新年
2011年01月01日 (土) | 編集 |

110101

 あけましておめでとうございます。今年も筋違い角の面白棋譜のアップを中心にやってまいりますのでよろしくお願いします。今年も年賀状ネタ(限りなく手抜きですが)で新年気分を出しておきます。

 今年も目標を3つ掲げておきます。

1.<点数編>
  将棋倶楽部24のR点で六段の下限2500点突破
  アマ連R点で2000点突破(キープ)
2.<戦績編>
  個人戦で代表を取り、全国で満足いく結果を残す。
  地域の職域団体又は西日本団体で優勝
3.<ブログ編>
  月間5000アクセス、年末で26万アクセス達成

 1は最低目標。去年の全国大会会場で、ある選手達の「今24で2500点切っちゃってるんですよね~」と恥ずかしそうに言う会話が聞こえて「ああ、ここはそういう場なんだ」と改めて認識しました。強気で2500点キープと書きたいところですが、まずは達成を目標に。アマ連Rもそれほど高い目標ではありませんが、公認R例会にどれだけ通えるかが問題です。

 2は頑張りたいところ。某R大の新入生の県内流入状況が問題…とかいつまでも言っていてもしょうがないので、強くなって代表取りたいです。去年出てみてやはり全国大会は特別な場所でした。そこでまた将棋を指したいです。

 3はおまけで。右上のカウンターにマウスポインタを当てていただければ分かりますが、最近は1日100数十ページビューとかありがたい状況が続いています。せっかくブログを書いている以上、なるべくたくさんの人に見てもらいたいので、今年もいろいろコンテンツを工夫して頑張っていこうと思います。


 最後に余談ですが、年末に掃除していて中学生の時に買った木の駒が出てきました。当時はあまり手になじまなくて使っていなかったのですが、久しぶりに持ってみたら良い感じで手になじむのでこれまでのプラ駒に代えてこちらで勉強しようと思います。こんなこともあるものなんですね。 

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。