いつか主流になる日まで…
メイキング ラビリンス
2010年01月31日 (日) | 編集 |
 女流名人位戦第2局は里見挑戦者が勝って2連勝。相手の攻めの面倒を丁寧に見て,駒を貯めて最後に反撃,という強い展開。本譜のような展開で自分の場合,受けきろうと頑張りすぎて反撃のタイミングを誤ることが多いので勉強になりました。
 ところで,清水女流名人の本局の序中盤はどうなんでしょうか。勝負本位とはいえあそこまでして中飛車の理想形を阻止しに行くのがトップ棋士の取る作戦としてふさわしいのかどうか。後,49手目の▲23歩。清水女流はこの類の手が可能な時には踏み込むことが多いように思われます(前期倉敷藤花戦第2局40手目の△89角など)。こういった「確率の低い踏み込み」が目立つため,どうも清水女流の将棋が好きになれない部分があります。


 と,非常に偉そうなことを書いてしまいましたが,週末は将棋も指さずにFlashをいじっていました。私が以前にやっていたHPをご覧になっていた方は覚えておられるかもしれませんが,そこでJavaで公開していた3Dの迷路のFlash版を作っています。
 下の2つは作りかけですが,ドラッグで動かすことができるので試してみてください(ただ,立体を回転している間は結構CPUの使用率が上がると思います)。壁を立ち上げる(下の方)のは前回のJava版には無かったもので,やってみたかったアイデアなのですが今の状態では逆に見づらかったりします。
 これではまだゲームになりませんが,もう少し自分のやりたいことを盛り込んでブログパーツにできれば面白いかと思います。



ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
辛抱続かず
2010年01月28日 (木) | 編集 |
 京都の阪急百貨店が閉店ですか。高価な買物とは縁がなかったですが,一軍戦の集合場所として使用したり,バイキングに行ったりしたのが思い出されます。河原町通り沿いも大きい書店が相次いで無くなったり(本屋の丸善に行こうとして三条河原町から歩いて下がっていったのにいつまでたっても店が見つからず四条まで行ってしまった事がありました)して店構えが徐々に変化して行っていますが,阪急百貨店のような「当然そこにあるはずの光景」が無くなってしまう時代なんですねぇ。
 
 今日の将棋は後手が△53歩△54銀型から△45歩と位を取ってさらに6筋から圧迫しようという展開。さすがにそれを全て許すと大変なことになるので居玉のまま応戦し,後手の駒を一旦押し返すことに成功しました。そこからジワジワと厚みで押していく展開にして先手十分だったはずですが,中終盤で5~6手はスカな手をやってしまいました。
 どちらかというと軽快に捌いていく展開を好むところがあるので,本局のような将棋も根気良く指していけなければいけません。


ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
念願叶う
2010年01月24日 (日) | 編集 |
 全米選手権で長洲未来さんが2位に入り,オリンピック代表に選ばれました。
 最終滑走の緊張感の中,あれだけの演技ができたことに感動しました。

 フリーのカルメンの演目はつぎはぎ感があってどうかなと正直思っていたのですが,要素がピタピタ決まると良く見えて来るから不思議なものです。ジャンプは去年から比べて明らかなグリ降りはなくなり,ダウングレードが微妙なのは2A3Tのセカンドジャンプと最後の3Tくらいかと思っていましたが,それと途中の3Lzと合わせて3つ。ダウングレードがなければ加点されても良いような綺麗な流れだったので,まだまだ得点UPを期待することもできそうです。スパイラルやスピンも美しく,まさしく『コンプリート・スケーター』の演技でした。

 3年半ほど前に初めて動画で存在を知り,3年前の夏に名古屋で初めて演技を見て以来ずっと応援してきた選手のオリンピックでの演技が見られるとは本当に嬉しいです。オリンピックでも自分のベストを出しきって欲しいと願います。

 お祝いに?いつぞやにもらったサインをUPしておきます。またいつか日本に来て欲しいものです。
 100124-1


ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
熱い週末へ
2010年01月23日 (土) | 編集 |
 右上に配置していたパズルに改善点が見つかったので一旦削除しました。その代わりに簡単なアンケートを配置していますので,気軽に参加いただければありがたいです。1回目は自虐的なネタにしてみました…。

 さて,フィギュアスケートの方では現在欧州選手権と全米選手権が行われており,来週末には4大陸選手権もあるという大会ラッシュの時期。オリンピックに向けた現時点での雑感を書いておきます。

欧州選手権男子…SP・FP終了。まだフリーの録画を見ていないのですが,プルシェンコの存在感は圧倒的。演技のアピール自体はランビエールや高橋さんの方があるように思うのですが,やはりクリーンな4-3は有無を言わせない破壊力があります。欧州からの代表がSPから4回転をボンボン跳んで来ると,日本の選手はかなり苦しくなりそうな感じ。

欧州選手権女子…SP終了。これも結果しか見てませんが,国内選手権で負けてしまったコストナーが首位発進。やはりこの選手はオリンピックで見てみたいです。

全米選手権男子…SP・FP終了。3強が順当に五輪代表に。現時点では欧州選手権の上位の方が若干上に来そうな印象。

全米選手権女子…SP終了。上位3人横一線。ただ,2枠の代表争いはこの3人に絞られた…とは必ずしも言えないような。客観的な意見としてはフリーでの安定感があるフラットが有利でしょうか。コーエンはyoutubeで見ただけですがさすがに綺麗な演技。フリーを滑りきれるかどうか。長洲未来さんもyoutubeで見ましたがジャンプに少し余裕が出てきた感じ。フリーは今期の課題であるカルメンの演目をいかに滑りこなすかということと,後はダウングレードとの闘いになりそう。日曜日は生放送があるのでテレビにかじりついて念を送ります。

 男子はプルシェンコの復帰により,金メダル争いはハイレベルな争いになりそう。日本男子はSPでは4回転を入れないでしょうから,SPで上位に入るためには完璧な演技が求められそうです。
 女子はちょっと分かりません。「あの選手」がSPで安全策を取ったりすると,これまでの大会の展開とガラッと変わりそうです。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
上手く捌けた一局
2010年01月17日 (日) | 編集 |
 王将戦第1局は久保挑戦者の先勝。居飛車が△42玉型で仕掛ける妥協のない展開がいかにもトッププロ,という感じ。最後は6筋7筋に歩が利きまくっての詰みでしたが,最近知り合いの将棋で似たような詰み筋があったので中継のコメントにもついて行きやすかったです。
 ところで,本局の出だしは▲76歩△34歩▲75歩でしたが,2手目を△84歩にすれば少なくとも久保棋王の得意とする▲75歩からの展開は避けられそうなのになぁ,というのが素人的な感想。更に素人的に理由を考えてみると,
・▲76歩△84歩▲56歩の方が後手にとって嫌。
・石田流に組ませても問題なし。
・相手の得意形を避けない。
・相手を見て指す手を変えない。
・一局目だから相手の得意形を受けてたった。
ぐらいでしょうか。第3局での羽生王将の2手目に注目しようと思います。個人的には1回引き角戦法が見てみたいと思っています。


 今日の将棋は△53歩△54銀型から△33桂を跳ねて後手が「しゃがみ矢倉」とか「菊水矢倉」とか言われる形に。6筋8筋での折衝の後飛車角を刺し違え,2枚角を組み合わせて理想的な攻めが決まりました。55手目の▲96角は今年一番気持ちの良い手でした。銀得の戦果をあげてからは相手の攻めの面倒をしばらくみて,最後にとどめを指すという形で一局を通して上手く指せた将棋でした。



 スケートの方では全米選手権が始まるのに合わせて慌ててJ SPORTS PLUSを契約しました。男子はSPを終えて1アボット2ライザチェク3ウィアーという順位。五輪代表はこの上位3人でほぼ決まりというところ。ウィアーの演技は中性的なところが好きだったのですが,今シーズンの演技は女性的な印象が強くてちょっと自分的には受け入れにくい感じです。
 女子は22日,24日に行われますが,なんといっても2枠は少ないです。長洲未来,キャロラインジャンの2名に期待します。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
悩ましい展開
2010年01月15日 (金) | 編集 |
 最近の将棋で目を引いたのは朝日オープンの▲渡辺竜王-△行方八段戦。相矢倉で,直近の順位戦での対戦の逆側を持つとはアツイです。先手が▲55歩から仕掛けたことにより順位戦とは違う展開になりました。『矢倉の急所』によれば本譜の展開は「銀を2マス引かされるのはつらい(勢いがない)」となっていて,▲65歩が突いてある場合は▲55歩の突き捨ては入らないと頭に刻み込まれてしまっていたのですが,60~70手での形勢は実際のところどうなんでしょうか?矢倉▲46銀▲37桂型の先手の駒組に行き詰まり感を個人的に持っています。

 毎日すこしづつ右上のパズルのカウンターが進んでいるのは知っているのですが,ランキング1位がおかしなことになっています。また時間のあるときに直そうと思いますが,合わせて,少しマイナーチェンジしようかと思っています。 
 
 今日は2局も千日手をやってしまい,本局はその2局目の将棋。△53銀△54歩型の矢倉に対して先手も堅さ負けしないように穴熊に囲いましたが,5筋の中央突破を狙われて慌てて攻めざるを得なくなりました。△45銀~△52飛という筋はやられるたびに悩まされますが,それを防ぐために▲46歩と突くのも争点を与えることになります。
 大捌きの後はいけるかと一瞬思いましたが,攻防の△58飛があっては先手が大変でした。やはり,少しでも▲77銀が働く展開にしないと勝つのは難しいです。


ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
やはり無理攻めか
2010年01月13日 (水) | 編集 |
 藤井-谷川戦は藤井勝ち。A級も縦に長かった展開から徐々に中央が厚くなってきて面白くなってきました。
 C級2組はたくさんありすぎて見切れませんが佐藤-西川戦が個人的に好きな形。対局開始後10時間以上たっても互いの穴熊がまだ手付かず,という状態は凄まじいことです。

 今日の将棋は△32玉が早かったので先手が居飛車棒銀に。先手は玉を囲えない将棋(後手の6筋攻めが厳しく,それに備えようとすると左に引いた角が使いにくくなる)なので,自分が考え得る最速の手順で攻めかかりましたがそれでもあまりうまくいきませんでした。やはり右桂が使えていない攻めなのでいくら23の地点が薄いといってもそう簡単には攻め潰すことはできないようです。
 新たに研究手順でもない限り,早々の△32玉に対しても飛車を振るのが無難だと思いました。


ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
BinsGateCup振り返り
2010年01月11日 (月) | 編集 |
 今日はBinsGateCupに行ってきまして,その振り返りをやろうと思っていたのですがその前にまずお詫びから。

 1月2日と1月11日の記事で挙げておりましたどうぶつしょうぎのflashにつきましては,本日LPSAよりその取り扱いについてメールをいただきまして,その結果,多数アクセスいただいていたところ大変申し訳ありませんが削除させていただきました。
 LPSAには勿論,この件でブログを見に来てくださった方々には深くお詫び申し上げます。そっくりそのままを作ったのはちょっとまずかったかと反省しております。

 さて,本日の大会ですが1dayが年一回関西圏であるということでどんなものか見に行ってみるかという好奇心と,販売コーナーで買物するのが目的でした。

 最初の2局(1回戦)はネットで公開されているウィンドウを使っての解説だったので,twitterのつぶやきがそのまま見えていたのが新鮮な感じ。現地→ネットというのは普通の図式ですが,ネット→現地という方向性はうまく使いこなせれば解説会を更に盛り上げることができるのではないかという気がします。
 将棋の方はともに良かったはずの島井女流,中倉女流が間違えてしまった感じ。自分は勝者予想クイズでここで早くも2つとも間違いとなってしまいました。

 準決勝1局目は石橋-大庭戦。石橋女流が右玉を明示したところで指導対局を受けに行ったのでほとんど見られませんでした(実際は同室なのでちょっと首をひねれば進行は見えるのですがそれどころではありませんでした)。

 島井女流初段に筋違い角で教わったのでその棋譜を貼っておきます。内容的には▲64歩のカウンター一発で決まってしまった感じで上手も力を出せない展開になってしまいました。△63金とまったり上がる手は指導対局の上手的には指しにくい感じもあるので展開的に恵まれたのかもしれません。


 準決勝第2局は中井-鹿野で棒銀-四間飛車に。10年以上前の四間飛車しかできなかった頃によく棒銀に押さえ込まれていたことを思い出しながら見ていましたが,△84銀と▲66銀が直接触れることなく交換となり,棒銀が捌けて居飛車の快勝譜でした。

 決勝はやはり▲石橋-△中井戦。先手が中飛車模様から玉を左に囲って金銀を上部に繰り出す展開。先手の方は飛車先を伸ばして自然に攻めていく居飛車のメリットを敢えて放棄する指し方で,指しこなすのは難しい印象がありましたが本譜も中央で難しい攻防が続きました。終盤の△36歩がタイミング良かったようで最後は中井天河の勝ち。

 一日指し切りの大会というのは見ているほうも運営側も結構忙しい,というのが率直な感想。今後も関西で開催されれば参加しようと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
新年初棋譜あげ
2010年01月10日 (日) | 編集 |
 新年明けて将棋界も既にいろいろと動きがありましたが,感想を簡単に。

・大逆転将棋の羽生-佐藤戦を見て度肝を抜かれました。
・24の読み筋公開対局のMVPは永瀬四段。相手の攻めを引っ張り込んで受けに回り,相手が攻め疲れたところで反撃,という24でよく観戦したパターンどおりの展開でした。『棋譜を見れば誰の将棋か分かる』棋士の一人と言えます。
天河戦は観戦ウィンドウがまとまっていて見やすいです。リンクを張った石橋女流四段の将棋は相手の力を引き出すのが上手いというか,誰とやっても接戦になっているのが特徴ですね。
・A級順位戦は佐藤九段が初勝利。△56歩を垂らされて一目苦しそうな感じがしましたが,その後のねじり合いは凄かったです。
・B1は渡辺竜王が8勝2敗で首位に。B1の7回戦の阿部-松尾戦(相矢倉△95歩型で△28成銀~△39成銀と飛車を取る形)を見て矢倉の後手番作戦としてはこれが有力そうだと個人的に思っていたので,竜王が採用したのが嬉しかったです。『矢倉の急所』に載っている△27銀~△38銀成と飛車を取る形に比べて成銀が邪魔にならない(△38飛とおろすことができる)等の利点があります。


 本局は筋違い角での年明け初勝利局。△53歩△54銀型で△63金~△74歩の押さえ込みに来る形に。▲78飛~▲86銀が絶好のタイミングで決まって一瞬で勝勢になりました。今年も面白い将棋を紹介できればいいと思います。


 月曜日はBinsGateCupを見に行く予定。石橋女流四段の将棋を生で観るのが楽しみです。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
新年の目標
2010年01月01日 (金) | 編集 |
1001nenga_R

 あけましておめでとうございます。今年も年賀状用に作ったネタを再利用して新年の雰囲気を出しておきます。
 今年も筋違い角の面白棋譜を公開していこうと思いますのでよろしくお願いします。

 今年は珍しく忘れずに新年の将棋番組(BSがないので昼のみ)を見ることができました。10分切れ負けが内容の濃い将棋で面白かったです。テレビで切れ負け将棋を指すというのは大変だと思いますが,今後も見てみたいです。

 今年も新年の目標を設定しておきます。
 1.24の最高Rを100点更新する。
 2.個人戦の代表を獲る。
 3.筋違い角の指し方をまとめる。

 1は,今年は純粋な棋力向上を第1目標にということ。24の点数も大分インフレ気味な気がするので努力次第で十分可能と思っています。
 2は,2年連続達成しているのでなんとか継続したい。某R大学の入学状況にもよりますが…。
 3は,毎年言っていることですが今年こそは。

 今年も大会・イベントなどに積極的に参加していこうと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02