いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代々木が震えた日
2008年11月29日 (土) | 編集 |
 NHK杯フィギュア2日目を見終えてホテルに帰ってきました。
 いろいろありましたがなんといっても今日は浅田真央さんのフリーでしょう。
 まずは6分間練習から。
 3Aを数回,3A-2Tも決めて,こんなに練習で体力使って大丈夫かなと思うほどジャンプは好調そうでした。3Aの練習場所は,一本目の3Aを飛ぶ中央ジャッジ側(南側)で2回ほど決めた後北側中央に向けても3Aを跳んだので,ひょっとしたら2回やるつもりか・・・という期待が起きました。フランスで失敗した3Sも成功,3F3Loも確か成功,3-2-2も確か成功していたんではないかと思います。たまにステップアウトがあるぐらいでジャンプは本当に好調そうでした。
 そして本番。冒頭から3A,3A-2T(手上げ),3F-2Lo-2Lo(手上げ)と次々に成功させ,やっぱり今日はフランスと違う!と確信しつつもまだ3Sもあるし…と思っていましたが今日はすべてのジャンプを成功。スパイラル・スピンのポジションも良く,見せ場のステップに至るまですべてが完璧でした(最後の手つきはご愛嬌ですが)。
 自分が今まで肉眼で見た演技では間違いなく最高,もうこれ以上の演技を現場で見ることはないかもしれないとすら思います。会場は総立ち。伊藤みどりさんとビットさんもスタオベ。会場の観客もフランス杯を踏まえてどこが緊張の場面かを良く分かっていて,それを乗り切るごとに大きな拍手が起こるなど代々木体育館の中が興奮のるつぼとなりました。
 現場に居合わせたものとして今日の演技にはどんな賛辞を贈っても足りないところですが,惜しむらくは今日の演技には世界最高の評価が与えられるべきであったと自国贔屓とかなしで思います。3A-2Tを回転不足で国際大会初の3A2回成功を認定しないというのは厳しすぎるのではないかと思いますがね・・・。ただ,今日の練習や演技を見ていると3-3よりも3Aの方がむしろ安定して飛べているので今シーズンでの3A2回成功はありうるのではないかと思います(勝負にこだわるなら3A2Tよりも3F3Loの方が得点が高いので,勝ちにこだわる必要が一番薄いグランプリファイナルが一番やりやすそうな気がします)。

 他,中野友加里さんはさすがの完成度で,これは120点いったかと思いましたがやっぱり120点超えと世界選手権の表彰台のためには3Aが必須なのかなと思いました。ミスがない演技だったのでスタオベしました。
 鈴木明子さんは2A-3Tが綺麗でした(今,スコアシートを見たら3Tが回転不足とられています。厳しいです)。ジャンプをきっちりまとめて最後のたたみかけるようなステップが迫力ありました。全日本がんばってほしいです。
 長洲未来さんは練習でやけに2Aにこだわっていると思ったら,演技冒頭の2Aでやはり転倒していました。今日は全体的にスピードがなく,スパイラルでもいつものスピードがありませんでした。今回のグランプリシリーズは冴えませんでしたが,全米選手権を頑張ってできれば世界選手権に出てきてほしいです。
 レピスト・ワグナーはともにジャンプで2回ほど抜け・転倒があったように記憶していますが,会場の雰囲気としては賞賛される演技でした。点数が100点行かないということは回転不足があったものと思われます。
 今日の女子フリーは日本選手3人がよく頑張りました。演技に入る直前まで「~ちゃん,がんばれ~」とか大声で叫ぶ輩もいて正直やりにくい部分もあるはずですが,その中で力を出し切る精神力は本当にすごいと思いました。

 アイスダンスもありましたが,女子フリーの印象が強すぎて感想は省略します。

 明日は男子フリーとエキシビション。妄想としては,エキシビションのアンコールで織田・浅田両選手が仮面舞踏会のサビの部分で並んでステップを披露する,なんてことがあると面白いかな,と思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
スポンサーサイト
08NHK杯フィギュア初日観戦記
2008年11月29日 (土) | 編集 |
 nekomata@東京です。NHK杯フィギュア初日の観戦を終えてホテルで更新しています。

 初日はアイスダンス(コンパルソリー,オリジナル)とペア・男子・女子のそれぞれショートが行われました。覚えている範囲で時系列に沿って書いておこうと思います。

 オープニングセレモニーでは,ゲストとしてNHK杯の過去の名選手である伊藤みどりさんとカタリナビットさんが紹介されました。できれば一言コメントを欲しかったところです。

 アイスダンスはリード姉弟ぐらいしか知らず,テレビでも競技を一通り見たことがなかったのでほぼ初見でした。アイスダンスはジャンプなどの大きな離れ業がないため素人目には演技の良し悪しが分かりにくい部分がありますが,点数の高い組はやっぱり体の使い方が大きくスピードが速いということは分かりました。

 ペアでは井上・ボールドウィン組が大人気。演技もほぼ完璧に決め,うまくいけば首位発進かと思ったのですが,中国のチン・ジャン組はツイストリフトの高さからして別格の演技で一位となりました。
 また,ボールドウィンがフラワーガール三人を引き連れて花びららしきものが落ちている場所まで案内するシーンが場内の笑いを誘っていました。

 男子ショートでは,
・無良が6分間練習から3-3と3Aをバンバン決めて絶好調,本番でもきっちり決めて演技後はガッツポーズが出ていました。ジャンプにミスのあったポンセロよりも下位になのはジャンプ以外の部分での完成度ということでしょうか。確かにポンセロの演技はジャンプ以外の部分で観衆を引き付けるものがありました。
・シュルタイスはジャパンオープン以来2度目の生観戦。彼の近未来の人類?を連想させるようなプレースタイルは一度見るとはまってしまいます。
・織田信成は久々の大きな国際大会ということでジャンプに入る前など力みがあったように見受けられました。特に3-3のファーストは2回転になってしまったのではないかと思ったのですが,81点も出たということはちゃんと回っていたということですか。ウィアーは強敵ですが優勝を期待します。なお,演目が仮面舞踏会であったことに驚きました。今シーズンの安藤・中野のジゼルや先シーズンの浅田・中野の幻想即興曲など日本人選手同士でこうも曲がかぶるのはかなり珍しいことなのではないでしょうか。
・ステファンキャリエールはジャンプ完璧,その他の部分でも体を柔らかく使った演技で素晴らしいかと思ったのですが,意外に点が伸びず現地でも不思議がる声が上がっていました。
・ジョニーウィアーは3-3の着氷でややバランスを崩していたように記憶していますが,全体としてはさすがの好演技。リンクに投げ込まれた花の数では本日最高だったのではないでしょうか。

 女子では,
・第一グループではカタリナ・ハッカーが印象に残りました。全米選手権で上位に入った実力者とは知っていましたが,スタイルの良さを生かした綺麗な演技でした。鈴木明子さんは3回転のジャンプが1回抜けてしまいましたが,ステップでは見ごたえのある演技を見せるなどメダルを目指せる4位に付けてきました。
・第二グループでは6分間練習から緊張感が伝わってくるような気がしました。選手が交錯しそうになったり,ジャンプを跳ぶ先に別の選手がいて跳ぶのを回避したりするシーンがありました。
・ワグナーは全米選手権で発揮した力を最近は出せていませんでしたが,今日は各要素を確実に決めて久々の60点台。全米では3-3を復活させてくるのでしょうか。
・長洲未来さんはリンクに入った直後から前の選手に投げ込まれた花を拾ってフラワーガールに渡してあげるなど愛嬌のあるところを見せていましたが,演技では3-2が1-2になるまさかのミス。練習では跳べていただけに残念でした。その後もやや曲に追われて余裕がなかったように見受けられ,見せ場のレイバックスピンも普段ならもっとたくさん回っているところだったと思います。フリーでの最終グループ落ちは残念ですが,フリーでは,スケアメでこけてしまったステップの完成版を見たいところです。
・レピストは印象通りショートで安定感のあるところを見せてくれました。フリーで大崩れするパターンにならないと良いのですが。
・中野友加里さんは関節を痛めているという事前情報があり,そのせいかは分かりませんが3-2が2-2になってしまうミスがあって5位発進。ファイナルが厳しくなったともいえますが,そもそも怪我が原因で逃すのなら仕方がない(怪我を抱えてまで出場する意味もない)とも言えます。
・そして女子の最終は浅田真央さん。6分間練習をみていて3Lzは大体成功(エッジまでは分かりませんが),3-3はたまに抜けていた(ように記憶しています)のでジャンプが決まるかどうかが最大の注目点でしたが,見事にジャンプを全部決めての首位発進となりました。ただ,全要素をきっちりこなせば70点前後出るプログラムだと思うのでところどころで取りこぼしをしているのだと思います。「月の光」は今シーズン2度目の披露ですが,曲自体に盛り上がりが全くないのでたとえばジャンプに不安を抱えて臨んだりすると全体の演技自体が元気ないように見えてしまうのがこの曲の難しいところではないかと思います。

 女子ショートの後に再びアイスダンスのオリジナルダンスがありましたが,疲労がたまってきたためリード組を見たところで早退してきました。全日本のときも思いましたが銀盤を長時間眺めていると目が相当疲れます。

 最後にメモ書きを幾つか。
・代々木は最後列でも選手の演技が十分見える。よって,無理に高い金を出して前の席を狙う必要はなし(まあ,今後そうそう東京まで見に来ることもないはずなのですがw)。
・今回初めて花の投げ込み可の大会を見たわけですが,やっぱり良いものですね。リンクを埋め尽くさんばかりに投げ込まれる花束・プレゼントとそれを拾いに回るフラワーガール・フラワーボーイの絵はなかなか楽しいです。

 超長文で,しかも推敲していないので文章がめちゃくちゃかもしれませんが疲れたのでこれで脱稿します。明日は浅田選手の仮面舞踏会と長洲未来さんの天国と地獄が特に楽しみです。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
週末
2008年11月28日 (金) | 編集 |
 仕事から帰ってきて竜王戦第4局のネット中継を見ましたが,終盤の攻防の迫力に度肝を抜かれました。特に渡辺竜王の薄い玉形でのしのぎがすごく,第19期の第5局をイメージしました。

 28日から30日までNHK杯を見に行ってきます。長洲未来さんの出場には複雑な心境ですが,出るからには良いパフォーマンスをしてほしいと思います。めったにコンペ観戦の機会はないので楽しんでこようと思います。また,ピカソの美術展があることを先輩から聞いたので,時間があればそちらにも行ってみようと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
後手速攻の一変化
2008年11月26日 (水) | 編集 |
 研究会での検討より。
 第1図は初手から▲76歩△34歩▲22角成△同銀▲45角△62銀▲34角△32金▲66歩△64歩▲88銀△63銀▲77銀△54銀▲68飛△44歩▲67角△62飛と進んだ局面。先手の角を追うのに直接△33銀とするのではなく△54銀~△44歩とするのがスピード感のある手順と言えます。対して先手はできることなら▲67角と引きたいところ。後手も飛車を回って角頭を狙って来ました。
081126-1
 第1図以下,▲75歩△65歩▲同歩△同銀▲85角△64飛▲76銀(第2図)
 この形は△65同銀となった瞬間に45か85に角を飛び出すのが対策でして,その意味で後手の△44歩留めは▲45角を防いでいます。▲75歩~▲85角に対し,▲63歩を受けて△64飛と浮くのも自然な手。対して▲76銀と△66歩が来る前にぶつけるのも必然です。
081126-2
 第2図以下,△95角▲65銀△68角成▲同金△65飛(第3図)
 後手が早く仕掛けた理由はここで△95角が準王手飛車になるからでした。大捌きをして迎えた第3図以下2通りの手順を検討しました。
081126-3
 第3図以下,▲76角打△79飛▲69歩△62飛▲63銀△92飛▲32角成△同飛▲43金△92飛(第4図)
 浮駒の32の金に目をつけて▲76角打は指してみたい手ですが,一回△79飛の王手で▲69歩を打たせるのがうまい手で,第4図は先手の攻めが切れ模様となってしまいました。第3図以下もう一つの手とは…。
081126-4
 第3図以下,▲77桂△64飛▲63角打△84歩▲41角成△62玉(第5図)
081126-5
 ▲77桂は遊び駒を使おうということで,▲76角打がだめならこれぐらいかと。▲63角打が少しひねった攻め方ですが,△84歩と催促されて迎えた第5図もなかなか大変な局面。第5図以下▲65歩△89飛▲48玉△85歩▲64歩△88飛成などときわどい終盤となりそうです。

 結論として,後手の△44歩留めから△65歩の速攻に対して▲75歩~▲85角のカウンターが利かないのであればそもそも▲67角と引く手が無理筋(▲78角しかなくなる)となり,作戦の幅が小さくなってしまいます。先手としてはなんとか互角以上の手順を見つけたいものです。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
08西日本団体対抗戦
2008年11月24日 (月) | 編集 |
 西日本団体対抗戦のA級(職域の最高クラス)に行ってきました。この大会では3年前に優勝したのですが,2年前には予選落ち,去年はメンバーが集まらず参加すらできませんでした。また,数日前に「大会に向けて調子を上げていきたい」と書いていたのですが,実際には24でR点を100点以上落としてしまっていて調子は最悪,何とか予選通過できたらいいなくらいに考えていました。

 予選1Rはこちらの三間飛車→四間飛車に対して相手の△75歩~△73銀引の亜急戦。飛車を5筋に回って捌くはずが歩を突き捨てる順番を間違ってそのまま押さえ込まれて負け。チームも1-4負け。やっぱり予選落ちか…という雰囲気がチームに漂いました。

 予選2Rはこちらの四間穴熊に対して相手の銀冠。穴熊のパンツを脱いだ▲37桂~▲45桂の角銀両取りが何故か決まって以下快勝。チームも4-1勝ち。

 予選3Rはこちらの三間穴熊に相手の居飛穴。怪しいところもありましたが先に食いついて勝ち。チームも4-1勝ちで予選突破。ホッとしました。

 なんとか予選は通りましたが残っているのは強豪揃いのチームばかり。とても勝ち抜く自信はありませんでした。

 準々決勝は相手の相振りを避けての玉頭位取りにこちらの振り穴。相手の飛車先突き捨てのタイミングが遅く,一方的に攻めまくって勝ち。チームも4-1勝ちで,ここで勢いに乗った感じがしました。

 準決勝は相銀冠穴熊(こちらの三間穴熊)。少し駒損の分かれでしたが玉頭攻めが炸裂して最後は完勝。チームも4-1勝ちでいよいよ頂上が見えてきました。

 決勝は予選1Rで負けたチームと。こちらの四間飛車に対し,相手の腰掛銀+飛車先突越という力戦調の展開に。難しい将棋でしたが敵玉へのコビン攻めがうまく決まり,自分としては珍しくうまく寄せきることができました。チームも4-1勝ち。

 優勝は本当に望外の結果でした。大将が相手のエース格相手に全勝してくれたのが勝因と思います。初めて実物を拝見した内藤九段から優勝旗をいただいてとても嬉しかったです。

 大会後,祝勝会をやって帰ってきて夜食を食べながら(爆)今日の棋譜を並べて,このブログを書いていたらこんな時間になってしまいました。今日は里見女流が遂に初タイトルをとったということで,これからその将棋を鑑賞してから寝ようと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
我慢比べ
2008年11月20日 (木) | 編集 |
 久しぶりに24で早指しをやりました。後手が玉を囲わずに△74歩△73桂と左辺に手をかけてきたので,突っ張って急戦を仕掛けてみました。
 後手も角を手放してからはお互いに動きにくい展開になり,ひたすら相手の悪手を待つというあまり褒められない指し回しをしてしまいましたが最後は何とか幸いしました。
 指し手の良し悪しの分かりにくい,棋譜コメントのつけにくい将棋でした。


 23日は西日本の職域対抗団体戦があるので,調子を上げて行きたいと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
雌伏のとき
2008年11月17日 (月) | 編集 |
※将棋ネタではありません。

 なんか普段使わない難しい言葉をタイトルにでも使って気を紛らわそうとしていしまいました。
 練習中に右ひざを負傷して検査を受けていた高橋大輔さんが靱帯と半月板の手術を受けるため今シーズン全休とのこと(記事はこちら)。グランプリシリーズは無理としても,全日本選手権あたりで復帰してくれたらと期待していたのですが,残念なことになってしまいました。
 体調管理は最終的には選手自身の責任でありますが,ショーの参加回数も現役選手では一番というぐらいだったと思うので今後はスケート連盟としてももう少し規制を加えてもらいたいものです。一日2公演を2日とか相当疲れそうですし。

 個人的にはショートプログラムの『eye』を直に見たくてNHK杯に期待していたのですがそれどころではなくなってしまいました。
 今年は小塚,織田+一人というメンバーで世界選手権に臨むことが有力ですが,なんとしてもオリンピック3枠をとってもらいたいものです。

↑自分で読んでみてもあまり脈絡ない文章ですが,今日はこの辺で勘弁を…。
最近スケートであまりいいニュースがないような気がする…。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
免状が忘れたころにやってくる
2008年11月14日 (金) | 編集 |
 春に出場したアマ竜王戦の参加賞である五段免状が今日届きました。大会が終わって一ヶ月ぐらいまではいつ来るかと思って待っていましたが,さすがに最近はもう忘れていました。
 大会のころは名人交代直後でしたので誰の署名になるかと思っていましたが,羽生名人,渡辺竜王の揃い踏みは嬉しいところ。もうすぐこの組み合わせもなくなってしまうかもしれませんし(爆)。
 五段の免状をもらうには程遠い実力ではありますが,これをもらったことにより支部対抗の団体戦には出られなくなった(確か三段ぐらいまでしか出られない)等の制約もありますので,将棋を頑張って高段者の力を身に付けられるようになりたいものです。

081114

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
メンテナンス
2008年11月09日 (日) | 編集 |
 以前から懸案だったカテゴリーの名称について整理してみました。これで今後はどの分類に入れるかがかなり分かりやすくなると思います。

 あと,対戦将棋盤2 第3局の方ですがコメントでも指摘がありましたが,中盤で結構差がついてしまいましたので終了とさせていただきました。3局続けてやってきましたが,ここで対戦将棋盤2は一旦間を空けさせていただきます。
 どなたでも指せるというコンセプト自体は悪くないと思うので,もう一工夫できないか考えてみようと思います。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
対戦将棋盤1 第1局
2008年11月07日 (金) | 編集 |
特定の相手と将棋を指す対戦将棋盤1につきまして,
アマ強豪のさくらいさんに将棋を教えてもらえることになりましたので本日より開始します。

ブログを見ていただいている皆様は駒は動かすことはできませんが,指し手の感想などいただけるとありがたいです。

なお,さくらいさんのブログ(四隅の香車)とは相互リンクもさせていただいていますので紹介しておきます。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
高いハードル
2008年11月02日 (日) | 編集 |
 次のコンテンツをコンピューターとの対戦型のゲームにしようと思っていて,Java将棋のアルゴリズムリバーシのアルゴリズムを買って読み始めているのですが,なかなか難しいです。自分がこれまでJavaやflashでコードを書いていて難しそうだから敬遠していた概念をふんだんに使わなければならないので,一からの勉強になりそうです。評価関数(形勢の良し悪しを判断するための関数)を作る段階まで進めば楽しそうなので,そこまで進むのを第一目標として頑張りたいと思っています。

余談:最近タイトル戦等のウェブ中継をよくやっていますが,仕事から帰ってきて夜遅くに見ようとすると,「棋譜再生」のリンクが張ってあるページに勝負の結果がでかでかと書いてあって先に結果が分かってしまいます。「先に結果を知りたくない方専用棋譜再生入口」みたいなボタンを設けてもらえるとありがたい,ということを思う今日この頃です。

ブログランキングに1日1票,ご協力お願いします。
右のバナーをクリック!banner_02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。