いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懺悔の一局
2007年10月31日 (水) | 編集 |
 更新が途絶えていたのはネタ切れのため。今日の将棋も序中終盤通じて今ひとつでした。美濃囲い+▲46歩型で戦うこと自体が少ないので自信がない感じの指し手が続いてしまいました。
 11月はまた激指のリーグ戦にも参加しますし気持ちを入れ替えて取り組んでいきたいと思います。


1日1票,ご協力お願いします。banner_02

P.S LPSAの日めくり詰め将棋カレンダー2008のページを何気なく見ていたら出題者に自分の名前が載っていてビックリしました。採用のメールが来なかったのでそういうことだと思っていたのですが。「同姓同名の別人だった」というオチがあるのでは,と考える自分は冷静なのかひねくれ者なのかどちらなのでしょうか。せっかくなので?問い合わせをせずに購入してみようかと思います。
スポンサーサイト
不思議な敗戦
2007年10月21日 (日) | 編集 |
 昨日は携帯激指でショッキングな出来事がありました。裸同然で入玉した玉を捕まえて後一手で詰む(こちらの玉には有効な王手すらかからない)という局面を迎えていて,ステータス画面で終局となっていたので相手が投了したと思って確認したらこちらの負けになっていました。時間切れ負けでもないしバグでも起こったのではないかと考えること数分,相手の玉が59に居るのに気がつきました。
 携帯激指様。トライルールと千日手(判別機能がないためコンピュータ相手だと無理やりこちらから打開させられる)は何とかして下さい。お願いします。

 棋譜並べの方はぼちぼちと。プロアマ両名人の角落ち戦での下手の序盤作戦が面白かったです。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
出来レース?
2007年10月19日 (金) | 編集 |
 称号は「女王」にとのこと。
 あまりにありきたりな称号で,公募で決めるといってももともと決まっていたのではないかと勘繰りしたくなるような結末ですね。
 私もない知恵を絞って応募しましたが,個人情報をさらしてまで応募したことを後悔しています。

 あまりネガティブなことを書かないようにはしているのですがちょっとがっかりしたもので。どうもすいません。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
元祖に学ぶ
2007年10月15日 (月) | 編集 |
 棋譜並べは8日に始めて今日で15局ほどしました。印象に残ったのは竜王戦の鈴木八段-深浦八段戦(鈴木勝ち)で,こんな風に指せたら楽しいんだろうなと思います。
 棋譜索引で武市六段の名前が見つかったので並べてみたところ,案の定筋違い角で,途中で下図のような局面になりました。
191015
 普通に右に玉を囲っては向飛車~△35銀の圧力が強すぎるということで玉をまっすぐ立ったわけですがなんとも凄い形です。本譜は▲69飛~▲56金~▲65歩と金を使って攻めましたが,今度は58玉が戦場に近すぎるということで途中で▲49玉~▲39玉と早逃げする必要が生じてしまいました。
 △45歩型相振り模様においては先手玉をどこに配置するかが難しいところです。金無双は上部からの圧力が強いですし,カニ囲いは飛車が渡しづらく,矢倉にはなかなか組ませてもらえません(ちなみに全日本選手権で山内氏は玉を68に上がっていたような)。
 先手にとって玉の捌き方が難しい戦型であるといえます。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
感謝感激
2007年10月11日 (木) | 編集 |
 佐藤棋王のサイン入り棋書を送ってもらいました。将棋が強くなる,好きになるための一番の近道が大会で優勝することなんだということをこれほど強く感じたことはありません。
 今月末は朝日アマがあるのでできるだけの準備をして大会に臨もうと思います。
satou_signature


1日1票,ご協力お願いします。banner_02
仕掛けの成否
2007年10月09日 (火) | 編集 |
 久々の24での実戦は8手目△64歩型に。17手目の▲66歩の仕掛けが成立していればかなり自分にとっては大きいのですが果たしてどうでしょうか。途中で大ポカが出て恥ずかしい棋譜なのですが,まあ序盤の進歩に役立ちそうなので勘弁いただきたいと思います。


1日1票,ご協力お願いします。banner_02
また気分を変えて
2007年10月08日 (月) | 編集 |
 将棋年鑑を使っての棋譜並べを勉強メニューに加えることにしました。一番前からと自分の興味のある戦型とで一回2~3局づつ並べようと思っていますが,初めの竜王戦の渡辺-佐藤戦がいきなり難解で混乱しています。
 棋譜並べの報告が滞ったら勉強をサボる意志の弱いやつだと笑ってやってください…。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
日米対抗エキシビション鑑賞記
2007年10月08日 (月) | 編集 |
 ただいま横浜から帰ってきました。テレビ放送の録画を見る前に感想を書いておきます。

 MVPは文句なく高橋大輔さん。ショートプログラムだということで何の予備知識もなく見たのですが,ジャンプばっちりステップキレキレで正直びびりました。昨日の調子からしてここまでの演技が見られるとは思っていませんでした。この演技(今回初披露?)を生で見られて本当によかったです。初めてスタンディングオベーションをしました。
 女子では浅田真央さん。別れの曲ではスパイラルと最後のジャンプにミスがありましたがスケーティングの滑らかさでは別格かなと思いました。また,SPのラベンダーのステップが見られたのが感激もので,アンコールがあるとは思っていなかったので嬉しさ倍増という感じでした。「ステップを見に会場まで行きたい」と思わせる内容だったと思います。それにしても別れの曲+ラベンダーのステップシークエンスの組み合わせは凄い「破壊力」でした。今後この組み合わせが生で見られるのは全日本選手権優勝時のエキシビションだけなので,年末のチケット取りのモチベーションが高まりました。
 安藤美姫さんは昨日の転倒の影響であるいは欠場かと思っていましたが無事出演。名古屋のショーで見たときよりもコンディションが良かったように見えました。自分の見た印象ではアンコールでのステップが特に素晴らしく,今期も女子シングルは安藤・浅田のツートップを中心に回っていくことを確信しました。
 長洲未来さんはdon't stop me nowではつらつとした演技を見せてくれました。イナバウアーやつま先つかみビールマンスピンを会場で見るのは2度目ですがやっぱり凄いです。ジャンプの方は2つの三回転を決めてほっとしたのですが最後のダブルアクセルで残念ながら転倒。できれば二部で出てもらってアンコールもやってほしかったですが,ジュニア大会出場直後に来日してくれて今回はご苦労様と言いたいです。ファイナルと世界ジュニア,そして全米シニアと今後のアメリカでの位置づけが決まってくるような試合が控えているので帰ったらじっくり調整してもらいたいものです。
 キャロライン・ジャンはやっぱりあの軟体スピンとスパイラルが凄かった。あんなポジションが取れるのは彼女しかいません。ジャンプでも3ー3(これはひざを突いてしまいましたが)や3-2-2とエキシビションとは思えない豪華さで,技術とプライドの高さを見たような気がしました。まだジュニア選手ということで安藤・浅田両選手のような手足の長さを活かした見ごたえのある演技には至っていない感じがしますが,今季初戦のスケートアメリカの結果次第では旋風を巻き起こす可能性は十分あると思いました。
 村主さんは一言で言って「村主ワールド全開」でした。客を楽しませることをどれだけ考えているか伝わってくるような演技で,画面を通じては分からないものを感じました。
 ライアン・ブラッドリーはバックフリップとフライングキャメル(飛び上がって足を高く上げる要素のことで合ってるかな)が良かったです。
 町田さんは3A-3T(だったと思います。多分)などジャンプが素晴らしかった。一部の選手の中では一番良かったように思いました。
 南里さんは猪木,中庭さんはマンボで共に独特の世界観を演出。笑いありジャンプありの楽しめる演技でした。
 フィナーレではジョニー・ウェアがプレゼントのもらいすぎで前が見えなくなっていたのがちょっとおかしかったです。高橋さん,浅田さんも一旦プレゼントを置きに行ってまた帰ってくるなどやっぱり大人気でした。今回一番最後までプレゼントをもらっていたのは村主さんだったと思います。あと,最後の歌声とコラボしての群舞もなかなか良かったです(懸念していたようなくどいタイアップにならなくて良かったです)。

 昨日の演技をテレビで見ての今日でしたので不安がありましたが,今日は全体的に見ごたえがあってとても良かったです。やっぱりアンコール有りというのが盛り上がって良かったです(ただ,昨日の競技と合わせると選手側の負担が大きいのでその辺りはバランスを取る必要がありますが)。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02

 ※テレビの録画を見終わって…。
 TB○のスポーツ及びアスリートへの敬意のなさを再認識しました。酷いカメラワーク(ドアップと引きすぎの繰り返し),うるさい実況(選手の実績や今シーズンのプログラムなど全然頭に入っていない上,演技中にだらだらしゃべりまくる),意味のない質問ばかりするインタビュア(世界陸上の時もあの人じゃなかったか),選手を芸人扱いするトークショー(特に長洲未来さんに対して「無視」のテロップをかぶせるとは…),最後の群舞は現場ではなかなか良かったのですがテレビでは選手がみんな陰になって何がなんだか分からないし。もう少しまともな放送をして欲しかった。それ以外に言葉が見つかりません。
気分を切り替えて
2007年10月07日 (日) | 編集 |
 ようやく明日の日曜日の日米対抗フィギュアを見に行く準備ができました。今日の競技の様子は将棋から帰ってきてからテレビで見たのですが,感想としてはこの競技形式の大会には無理があるなあ,ということです。選手としてもシーズン前の調整中の段階でミスの目立つ演技をファンに見せることは本位ではないでしょう。ジャパンオープンでもそうでしたがオフシーズンに競技用プログラム(ましてやフリープログラム)をさせるということに無理があると思います。来年以降もこの大会をやるとしたらせめて全員ショートプログラムにするなどして選手の負担を減らさないといけないでしょう。

 ちょっとネガティブ感がありますがせっかくチケットを取ったのですから明日のエキシビションは楽しんで見てこようと思います。安藤さんは大事をとって欠場かもしれませんが…。
 長洲未来さんへのプレゼントとして扇子を贈ることにしました。将棋好きのにわかフィギュアファンとしてはなかなかの選択だったと思いますが(爆)どうでしょうか。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
角落ち戦本番。
2007年10月06日 (土) | 編集 |
 奇跡的に勝つことができました。新聞に棋譜が載るのが年明けですのでそれまではここに載せられませんが,家宝ものの棋譜ができました。
 トッププロとぎりぎりの終盤戦を戦うことができてとてもいい経験になりました。終わった後は1局指しただけとは思えないほど疲れていました。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
いよいよ明日
2007年10月05日 (金) | 編集 |
 なんかあっという間に本番前日になってしまいました。
 作戦は中飛車で行くつもりなのですが,今日になって初手から△84歩▲76歩△85歩▲77角△62銀▲56歩△54歩とされると5筋の歩交換を飛車で行かざるを得ず,定跡の変化と比べて一手損することに気がつきました。今頃矢倉の勉強をしても間に合わないので一手損で進める変化を研究してみたところ,何とか戦えそうな変化を自分なりに見つけました。
 明日はとりあえず佐藤棋王が飛車先突きこしを急がないことを祈りながら序盤を戦いたいと思います。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。