いつか主流になる日まで…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
将棋を頑張る
2007年09月30日 (日) | 編集 |
 職域対抗戦の2日目はベスト8で自分が負けてチームも1-2負け。切れ負け将棋なのですが,
 序盤で優勢になる。
→優勢を拡大しようとして時間を使いすぎてしまう。
→終盤で時間が足りなくなって逆転負け
という自分の典型的な負けパターンに堕ちてしまいました。本当に進歩がないです。

 選手として将棋を続けたいのなら現在のネット将棋偏重の体制を改めないといけないと思います。ただ楽しければよいのか強くなりたいのか社会人でもある自分に問いかけようと思います。

 来週はいよいよ角落ち戦。とにかく将棋を頑張ろう。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
スポンサーサイト
終盤弱い
2007年09月28日 (金) | 編集 |
 久々に24の実戦より。△45歩型相振り模様になりこちらが飛車をたたき切って攻めまくる展開に。負けはしましたが方向性は間違っていないと思いたいです。明後日は職域対抗戦2日目ですがちょっと筋違い角は使いにくい感じがしています。まあ,その時のノリで使ってしまうかもしれませんが…。


1日1票,ご協力お願いします。banner_02
先の楽しみ
2007年09月26日 (水) | 編集 |
 今月の検索ワードを調べてみると「筋違い角」の62回を抜いて「長洲未来」が77回でトップになっていました。見に来られた方はがっかりして帰って行くんだろうなと思っています。

 せっかくなのでその関連で書いておくと,10月7日に日米対抗フィギュアを見に横浜まで行くことにしてしまいました。正直関東まで行くのは経済的な意味から見て「指し過ぎ」なのですが,アメリカ代表として長洲未来さんに加えてキャロライン・ジャンまで来るとあってはどうしても見たくなってチケットを取ってしまいました。ジャンのあの超軟体スピンを生で見てみたいと思います。
 ただ一方で気がかりなニュース(こちら)も。歌は歌,スケートはスケートでしょうに。変なタイアップがショーの盛り上がりを損ねなければ良いのですが。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
経験値UP
2007年09月24日 (月) | 編集 |
 今日は久しぶりに大学のBOXに行って後輩と四隅の香車さんに将棋を教わってきました。無理言って角を落として指してもらった甲斐あってかなりコツがつかめてきたような気がします。感想としては中飛車優秀美濃囲い優秀という感じです。
 駒落ちの上手は自分から動かないのが通常ですが,角落ちともなると指し方次第では上手が序盤からちょっかいを出してくることもあり,なんとなくですが佐藤棋王はそのようなタイプではないかと思っています。今日は序盤ではまりやすい変化なども教えてもらって大変勉強になりました。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
職域対抗戦1日目
2007年09月23日 (日) | 編集 |
 今日は地元の職域対抗戦1日目でした。予選リーグということでチームとしても個人としても全勝したいところでしたがチーム3-0個人2-1となってしまいました。
 図は先手の私が後手玉を一手一手に追い込んだところですが,詰んでいる先手玉を詰ませ損なってもらっての辛勝でした。こんなことでは優勝は難しいですがやれるだけの調整をして来週を迎えたいと思います。
190923


1日1票,ご協力お願いします。banner_02
角落ち定跡を勉強
2007年09月17日 (月) | 編集 |
 所司先生の駒落ちの本の角落ちの欄を一通り読んでみました。本を読む前から中飛車で行こうと考えていましたが,読んでみて改めてそう思いました。理由としては,
・三間飛車はそもそも本に書いてある変化がかなり際どい。最後ピッタリ即詰めで下手勝ちとなっていますがちょっと変化されたら簡単に間違えそう。上手入玉の危険性が一番高そう。何年か前の山田アマと三浦NHK杯の角落ち戦が下手三間飛車でした(下手勝ち)が,自分が下手を持ってあの戦型を指しこなす自信がとても持てない,といったところです。
・矢倉についてはそもそも相居飛車をそれほど指すわけでないので自陣の危険度が分かりづらいということがあります。

 中飛車については普段良く指す振り飛車で戦えるという点や角道を止めないので角を働かせやすいという点が自分にあっていると思います。中飛車で勝つときのイメージとしては一番良いタイミングでこちらの角銀と相手の金銀を交換する大捌きを行い,後は陣形の差(下手は金銀2枚の美濃囲い,上手は三段玉ぐらい)を活かして食いついて一手勝ちを狙う,というものでしょうか。自分の棋風に合っていてなおかつ展開次第では大差で勝つことも望めるような気がしています。

 とりあえず連休も今日で終わりなので,平日は本を読み返したり,ネットで棋譜などを探してみたりしたいと思います。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
腰掛銀対策に向けて
2007年09月13日 (木) | 編集 |
 腰掛銀に対して穴熊以外の対策として考えているのが,居玉での8筋突破です。意味としては腰掛銀+△45歩型にたいしては▲56角と覗きやすい(△55銀には▲45角と歩が取れる)ので8筋が狙いやすいことと,飛車先を突破した後に反撃をされるわけですが,先手玉の位置が38でも48でも59でもそれほど変わらないんじゃないかということがあります。
 とはいえ本譜は居玉をとがめる手順により負けてしまったのですが,もう少しこの指し方を追求してみようと思います。



1日1票,ご協力お願いします。banner_02
情報収集中
2007年09月12日 (水) | 編集 |
 角落ちについては,去年もプロの先生に教わる機会があったのですが全く準備をしていなかったためにボロ負けした苦い経験があります。
 角落ちの定跡を学ぼうと思えば所司先生の本が一番と思われましたので今日ネットで注文しました。週末には手に入りそうですので十分に研究をしようと思います。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
待ち望んでいたこと
2007年09月11日 (火) | 編集 |
 京都王将戦優勝の記念対局として佐藤棋王に角落ちで教えてもらうことになりました。このところ定跡の研究といえば筋違い角ばかりで感覚がおかしくなっていたのですが(爆),駒落ち定跡の勉強を一生懸命やって筋を良くして対局に臨もうと思います。
 今月末には職域の対抗戦もありますし,久々に濃密な勝負将棋の時間が過ごせそうです。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
長洲未来さん祝JGPS初優勝
2007年09月03日 (月) | 編集 |
 今日は将棋ネタではありません…。

 長洲未来さんがジュニアグランプリシリーズ初戦のLake Placid大会で優勝しました(結果はこちら)。3回転の連続ジャンプを跳ぶAngela MAXWELL選手(こちらも日本人とのハーフとのこと)との優勝争いになるという見方もありましたが,結果は圧勝。さすが全米ジュニアチャンピオンというところを見せつけました。icenetwork.comのページで演技を見ることができますが,今シーズンも未来さんらしいはつらつとした演技を見ることができてうれしいところです。
 未来さんといえば驚いたのが先日モリコロのショーで披露した"Don't Stop Me Now"の曲目を決めた理由が,youtubeで公開されている浅田真央さんの演技のモンタージュを見て良いと思ったからとのこと(記事はこちら)。未来さんの浅田真央さんへのリスペクトっぷりも凄いですが一般の方が作成した動画が1スケーターの曲目に影響を与えたというのがなんか夢があっていいなと思いました。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
目標達成
2007年09月02日 (日) | 編集 |
 定期的にgoogleで「筋違い角」というワードで検索して順位を確かめているのですが,今日初めて一位になっているのを確認しました。

 「筋違い角」で検索して本ブログを訪れてもらうことが順位上昇につながる(で合ってたと思います,多分)ので宜しければ皆様ご協力お願いします。
 下のブログランキングも一回は一位を取ってみたいですがそちらの方はなかなか難しそうです。

1日1票,ご協力お願いします。banner_02
自信のある形
2007年09月01日 (土) | 編集 |
 △62飛~△42飛型相振り飛車で後手が美濃囲いを目指す形に。この形でのポイントは▲65角を利かすことができるかどうかで,スムーズに▲65角~▲76角(▲98角)と進められれば先手満足といえそうです。
 一瞬危ないところもありましたが,最後はうまく玉頭攻めが決まって快勝となりました。


1日1票,ご協力お願いします。banner_02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。